やはりユニコーンは実在していた?「化石」から2万6,000年前までの生存が確認

Text by

  • 10
shutterstock

shutterstock

伝説の動物と言われる一角獣、ユニコーンの実在が明らかになりつつある。

カザフスタン地方の化石で解明

American Journal of Applied Scienceに掲載された研究結果によると、カザフスタン地方で発掘された化石を研究した結果、約2万6,000年前まで地球上にシベリア・ユニコーン(Elasmotherium sibiricum)が生息していた可能性が高まったという。

この化石は、マンモスやバイソンなどの骨とともに発掘。

American Journal of Applied Science

American Journal of Applied Science

角自体はないものの、大きな角の跡があり、シベリア・ユニコーンと確認されたらしい。

マンモスに近い姿

研究者によると、シベリア・ユニコーンはサイの仲間。

マンモスに近い姿で体毛に覆われているという。

高さは2mほどで、体長は4.5m、重さ約4トンと巨大。

Apokryltaros/ Wikimedia commons

Apokryltaros/ Wikimedia commons

Heinrich Harder / Wikimedia commons

Heinrich Harder / Wikimedia commons

絵本などで見るような姿とは少し違うようだが…

Ghedoghedo / Wikimedia commons

Ghedoghedo / Wikimedia commons

長さ1mほどにもなる大きな角を持つといい、一角獣には違いない。

人類と遭遇した可能性が高い

これまでシベリア・ユニコーンは35万年前に絶滅したと言われていた。

このころにはまだ人類は地球上にいないため、人類がこの一角獣と遭遇した可能性はなかった。

しかし今回の研究結果では、もっと最近まで生き残っていたと考えられ、人類と遭遇した可能性もあるという。

そこから人類の中でユニコーン伝説が伝わっていったのか…。

姿の違いはともかくとして、ロマンを感じさせる研究結果である。

Domenichino / Wikimedia commons

Domenichino / Wikimedia commons

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking