シェア

保護した猫がクリスマスツリーの下で出産!幸せそうな姿にほっこり

Danielle / Twitter

Danielle / Twitter

今週末はクリスマス。

そんな時期にぴったりの、ほっこりする猫の話題をお伝えします。

ツリーの下に4匹の子猫

迷いネコだったティンクは1年と少し前、ダニエル・ロペスさんとその家族に保護されたそうです。

骨と皮ばかりだったティンクですが、ロペスさん一家のおかげですっかり丈夫になり、今年、赤ちゃんを4匹産みました。

ロペスさんたちは出産の場所を用意していたそうですが、ティンクが新しい命を世に送り出す場所に選んだのは別の場所。

クリスマスツリーの下でした。

Danielle / Twitter

Danielle / Twitter

ロペスさんたちは、ミューミューという声がして初めて気づき、驚いたそうです。

「かわいい」とコメント殺到

なんとも幸せそうな光景に、Twitterには「クリスマスの奇跡だね」「すごく誇らしげ」「かわいい」といったコメントが殺到。

いいねの数は4万6,000以上に上っています。

その後、ティンクたち母子はバスケットに居を移し、ツリーの下は“通常”のツリーのスペースになったとか。

生まれた子猫たちは、ノエル、ジョイ、クリスマス、フェイスと名付けられ、ロペスさん一家が育てるそうです。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking