便秘、むくみ、冷え性を解消。「エノキ氷」の健康効果に再注目

Text by

  • 2
flickr_gail m tang

flickr_gail m tang

冬場の鍋料理などで活躍するエノキタケは、ダイエットや美容に効果があるとされている。

最近行われた研究で、そのエノキタケを原料とする「エノキ氷」には、ダイエットなどの効果に加えて糖尿病の予防などの健康増進効果があることが発表された。

東京農業大学とJA中野市が共同研究成果報告会を開き、その模様が2014年8月18日に明らかにされている。

栄養吸収を助けるエノキ氷

エノキ氷とは、エノキタケをミキサーでペースト状にして1時間煮出し、製氷皿で凍らせたもの。長野県のJA中野市によってエノキタケの消費拡大の為に開発された商品だ。

エノキタケには、キノコキトサンという油分の吸収を抑えたり脂肪の燃焼を助けたりする成分や、トレハロースという美肌効果が期待できる成分などが多く含まれている。だが、これらの成分は普段キノコの頑丈な細胞壁の中に含まれているため摂取が難しい。

だが、エノキ氷はその調理過程でいったんエノキタケをペースト状にするため、エノキタケに含まれるこれらの栄養成分を効率よく摂り入れることができるようになっている。

便秘や冷え性、血圧値の改善も

エノキ氷はダイエットや美容効果があるとしてメディアでもたびたび取り上げられているが、その活躍の場はダイエットや美容だけにとどまらない。

東京農業大学の江口 文雄教授によって行われた研究によると、エノキ氷を食べることによって便秘の改善、むくみの解消、冷え性の改善に加え、中性脂肪、総コレステロール、総脂質などの値の低下が期待できるそうだ。

さらに、エノキ氷には動脈硬化の予防や血圧・血糖値の改善にも役立つそうで、江口教授も1日3個程度の定期的な消費を勧めている。

自宅で作れるエノキ氷

エノキ氷はJA中野市から発売されているが、今日から早速試したい、少しでも節約したいという方は自宅で作ってしまおう。

詳しい作り方はJA中野市のWebサイトで紹介されているので参考にしてほしい。

エノキ氷は長期保存ができる上、炊き込みご飯やみそ汁、煮物など幅広いレシピに対応が可能だ。

また、ドレッシングやたれとして使うこともできるので、自分なりのエノキ氷を使ったレシピを考えてみても面白いだろう。

数年前にも1度、テレビ番組などで取り上げられて、注目を集めたエノキ氷。再びブームがやってくるのだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking