年末年始を若々しく健康に乗り切ろう! 女子には海の完全食品「牡蠣」がオススメ!

Text by

  • 0
shutterstock_88218493

季節ごとにさまざまある旬の食材。今の時期といえばやはり「真牡蠣(まがき)」は欠かせないという人も多いはず。生食に、鍋・フライに、焼きに、など楽しみ方は人それぞれだが、実は牡蠣は美と健康を追求する女子にこそオススメしたい食材なのだ。

牡蠣が栄養素をバランス良く多量に含むことから「海のミルク」や「海の完全食品」などと呼ばれていることは有名だが、では実際には、どのような栄養素が含まれどのような効果が期待できるのか。

ダイエット情報発信サイト「microdiet.net(運営:サニーヘルス)」が2013年11月22日に公開した調査レポート「秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄養成分がいっぱい!」によると、「牡蠣」にはアミノ酸の一種であるタウリンのほか18種類のアミノ酸やビタミンA・B1・B2・C、亜鉛や鉄分・カルシウムなどのミネラル、さらにグリコーゲン(ブドウ糖)が含まれている。加えて、牡蠣は亜鉛と亜鉛の吸収を助ける銅の含有率が群を抜いて高く、食べるだけで効率的に亜鉛が摂取できるという。

これらのことから、牡蠣はファストフードの浸透や食生活の乱れ、過剰なダイエットなど、とかく亜鉛不足が問題視されている現代においては何ともうれしい食材と言える。亜鉛は細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や髪に潤いを与え、免疫力をアップしてくれるなどの効果があるという。つまり、牡蠣1つで、常に若くありたい、健康美を保ちたいという女子ならではの願いが叶うかもしれないのだ。

他にも、牡蠣には吸収の良いヘム鉄、抗肥満作用やストレス解消などに効果があるといわれるタウリン、疲労回復に即効性があるというグリコーゲンなども含まれており、若さや健康美を求める女子だけでなく、バリバリ働くワーキングウーマン・ワーキングマザーにとってもオススメしたい食材だ。

これから年末年始へ向けて公私共に忙しい時期。特に女性は、職場のみならず家庭での仕事も増えてくるだろう。そんな、年末年始に限らず忙しい日々を送っているという女子諸君は、1度牡蠣を食してみてはいかがだろうか? ただし、食べる際には“生食用”と“加熱用”をしっかりと見極め、適切な管理と調理の上で食すよう注意するのをお忘れなく。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking