そのメイク大丈夫?Twitterで話題のメイク初心者がしがちな失敗4つ

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

夏になると、紫外線対策の意味も込めて、しっかりメイクをする人も多いのではないだろうか?

だが、あまりメイクに慣れていない人の中には「自分ではうまくできたと思っても、人から見たら思わず失笑レベル」なメイクで外出している人も。

Twitterで、そんな「化粧初心者が陥りがちな4パターン」が話題となっている。

ツタンカーメン型

こちらはしっかりアイラインを入れればいいと思った結果だろうか。古代エジプト第18王朝のファラオを思わせるアイメイクだ。

マリリンマンソン型

アメリカのミュージシャンの名前を模したこちらのタイプは、先に挙げたツタンカーメンもびっくりのアイラインに加え、眉毛が消失してしまっている。

哀しきピエロ型

型名だけでもうイメージが浮かんできそうなこちらは、ファンデーションの色が白すぎる上、アイシャドウやチークがそれぞれ自己主張しているメイク。多くの人が1度は経験した記憶があるのでは?

武蔵

ゲジゲジ眉毛に放置された口周りの産毛が特徴のこちら。「急に全てをかなぐり捨て、誰とも会わずに過ごす」と書かれたこちらは、いわゆる「ベースのお手入れすらも放棄した」すっぴんの状態というところか。

この投稿に、ネット上では「初心者? そこらに普通にゴロゴロおるでwww」「2番の子(マリリンマンソン型)多かったよね」「全てやった事があります。というか、現在進行形で3に近いかも・・・」と、意外にメイク初心者ではなくでも当てはまるという声も多く寄せられている。

これからの時季はイベント事が多くなる人も多いと思う。あまり気合を入れ過ぎて、こちらのような失敗メイクで出掛けることのないよう、気を付けてほしい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking