営業マン必見!上司の「口臭」、我慢しているのは自分だけじゃない

Text by

  • 0
123RF

123RF

仕事をしている皆さんは、上司にどんな不満をもっているだろうか?

モンデリーズ・ジャパンが公開した「営業マンと息リフレッシュに関する調査」によると、ミドル世代の営業マンの多くが上司の口臭に悩まされているようだ。

ミドル世代の営業マンが最も気にするのは……?

2014年9月24日に公開された同調査によると、ミドル世代の営業マンは「身だしなみ」(85.3%)、「服装」(62.8%)、「口臭」(57.4%)に最も気をつけているという。

特に、「口臭」については「自身」(65.7%)を筆頭に、「上司」(51.6%)・「同僚」(40.4%)・「部下」(33.0%)の順で気になるのだそう。

「口臭」は営業マン本人も気にするポイントだった!

皆さんも経験があるのではないだろうか? 家庭に訪問してきた営業マンと話をしているときにふと気になる「口臭」は、やはり営業マン本人にとっても気になるポイントのようだ。

確かに、どんなにいい営業マンでも、あまりに口臭がキツイとあまり良くないイメージになってしまうことは少なくない。

だが同調査によると、どうやらこまめにケアをしている営業マンが多い様子が見て取れる。

ビジネスマンの4割強は「客に会う前」に口臭ケア

「仕事中、口の中や息をリフレッシュしたいと思うのはどんなときですか」という質問では、「口の中がネバついたとき」(59%)、「口の中が乾いたとき」(47.8%)、「自分の息が臭いと思ったとき」(46.8%)と、さまざまなシーンで口臭ケアをしているという。

さらに、半数近くの43.3%は、お客様に会う前にケアをしできるだけ相手に不快感を与えないよう配慮しているようだ。

上司の口臭は「何もせずひたすら耐える」!

ちなみに、自身に次いで気になっている上司や同僚・部下の口臭対処法については、「特に何もしない」(47.5%)、「ひたすら耐える」(18.7%)、「臭わない距離まで離れる」(16.0%)などが上位になった。

ただ、この対処法の下位を見てみると、上司については「見てみないふり」をするとの回答が突出している。

一方で、同僚には「さり気なくガムやミント系タブレットを薦める」(9.4%)、部下には「ハッキリと口臭が気になることを伝える」(8.1%)といった回答が目立つ。

「口臭」はデリケートな問題だけに、対処法についても職場の力関係がそのまま表れているといえるのかもしれない。

日ごろ、「もしかして口臭が気になるかも?」と思いつつも何も対策をしていなかった上司の皆さん。

上司ゆえに何も言えずに我慢している部下のため、率先して口臭対策をし、より円満な関係を築く努力をしてみては?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking