寒いと風邪をひくのは本当? 低温時は風邪への免疫反応が弱まることが明らかに

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

よく「寒いところにいると風邪をひくよ」とか「寒い格好で寝ると風邪をひくよ」といったことを親に言われる。こうした言い伝えは、いろいろな国で何世紀にもわたって言われてきたことだが、実はあまり科学的に立証されたことではなかった。

もちろん風邪は寒い冬にはやる。だからといって、「寒い」ことが風邪をひく直接の引き金になるかは分からない。実際、多くの研究で温度と風邪のウイルスの感染頻度には何の関係もないことを見出している。

では、「寒い」ことと風邪をひくことは本当に関係がないのか? イェール大学が行った最新の研究では、 低温では風邪のウイルスに抵抗する免疫反応が弱まり、より感染がひどくなり、長引く可能性があることを見出した。

この研究グループは、マウスと培養した人間の気管細胞に風邪のウイルスを感染させて、低温・高温条件でそれぞれウイルスに対する免疫反応がどうなるか調べた。その結果、高温ではウイルスを排除しようとする強い免疫反応を引き起こしたのに対して、低温ではより少ない免疫反応しか引き起こさなかった。

この研究グループのリーダーは「これらのデータによって、なぜ冬に風邪がはやるのかを説明するのに役立つ。外気温が下がり、その中で呼吸をすると、上部の気管が冷やされる。その結果、感染した風邪のウイルスがはびこる」と述べた。

もちろんこの結果は、寒い時期に風邪がはやる理由の全てを説明できるものではないのかもしれないが、「寒いと風邪をひく」という古い言い伝えを立証する新しい説として、非常に興味深い。

ということでこれから夏ですが、みなさんクーラーをかけすぎないようにして(節電にもなりますし)、寒くない程度に涼んで過ごしましょう。 

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking