脳波で動くラジコンヘリが開発される

Text by

  • 4
YouTube/Nature Newsteam

YouTube/Nature Newsteam

近年、脳波に関する研究とその応用が目覚ましい発展を遂げている。例えば、脳波で動かす 「necomimi(ネコミミ)」が市販され、少し前に話題になった

今回、ミネソタ大学の研究チームは脳波で動くラジコンヘリを開発した。これは脳波によって操作され、3次元空間を自由に動き回る初めてのロボットだという。

このラジコンを動かす仕組みは次の動画の通り。操縦者は脳波を読み取るヘッドセットを装着する。左の拳を握りしめることを想像するとラジコンヘリが左に移動。右の拳を握りしめることを想像すると右に移動。両方の拳だと上昇。何も考えなければ下降する。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=VSTLHBrTgD4[/youtube]

ただし、このラジコンヘリを脳波で操るのはかなりの訓練と集中力を要するようだ。研究では操縦者として5人を訓練。ラジコンヘリを動かす前にコンピュータスクリーン上の点を動かすトレーニングを積んだが、それさえも何人かは自由に動かすことはできなかった。脳波での操縦には心身を一致させた高い集中力が必要らしい。興味深いことに同じ研究グループは、瞑想やヨガの訓練をすることでより脳波での操縦が上手くなることを以前に報告している。

研究者は今後このような技術を発展させて、義手・義足などの医療機器に生かしていきたい、と考えている。

それももちろん大いに結構だが、より高度なロボットを脳波で操縦できるようになって、エヴァンゲリオンや攻殻機動隊のような未来をちょっと見てみたい気もする。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking