孤独のフードファイト!高さ40cmの「ウルトラタワーハンバーガー」に挑んでみた

Text by

  • 4
11

「ネタ消費」という言葉をご存じだろうか?

食べ物におけるネタ消費は激辛・メガ盛りフード・かわいい食べ物などをSNSにアップすることを目的で購入するという消費行動だ。

1月12日(火)から東京駅八重洲口のグランルーフとグランルーフ フロントで行われている「JR東日本 帰って来たぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー」とコラボした「ウルトラメニュー大集合」は、まさにネタ消費のオンパレード!

全長約20cmの鶏天がのった「ウルトラ鶏天丼」、ウルトラ辛いという「冬熱くなれ!ウルトラ辛い十勝ハーブ牛入り アラビアータソースの手打ちパスタ」などのどう考えてもネタとしか思えないメニューが20品ほど用意されている。

PIC_0067

そのキャンペーンの中でも圧倒的な存在感を放っていたのが高く積み上げることありきで作られた、全長40cmを誇るHAMBURG WORKSの「ウルトラタワーハンバーガー」

値段は4600円という高級ステーキと同じくらいの値段……しかし、これを見た瞬間、私はいてもたってもいられなくなった。「高い山があれば登る、高いハンバーガーがあれば食う!」という意味の分からない意気込みでさっそくハンバーガーに挑んできた。

場所は東京駅の地下街

ウルトラタワーハンバーガーが販売されているHAMBURG WORKSに到着。

PIC_0065

店内はちょっとおしゃれな雰囲気。ここが私の戦場だ。

PIC_0119

HAMBURG WORKSという店名だけあり、牛肉から豚肉、羊肉を使った様々な種類のハンバーグが用意されている。今回はそんなメニューにはわき目も触れず「ウルトラタワーハンバーガー」を注文!

女性店員は「まさかあれを頼むのですか……」という驚いた表情をしていた。男に二言はない、ともかくこのハンバーガーを食うのだ。

PIC_0068

ハンバーガーの作り方も普通じゃない!

注文が入ると店員さんがハンバーグをこね、鉄板の上で焼き始めた。

PIC_0120

パティを焼き、バーナーを使ってチーズを焦がすなどし、どんどんハンバーガーが完成に近づく。トマトを焼いているのもこのハンバーガーの特徴の一つ。

PIC_0070

いよいよ、ハンバーガーを組み立てる工程へ。バケツに入ったポテトもかなりヤヴァイ。

PIC_0071

鉄製の串にハンバーガーが刺して積み上げる。店員さんいわく「どうがんばっても串なしではこのハンバーガーは完成しない」そうだ。

PIC_0073

そんなこんなでハンバーガーが完成!

PIC_0076

iPad miniが小さく見える!

いよいよハンバーガーがテーブルへ。軽く店内がざわついた。この写真を見ればどれだけ大きいかおわかりいただけるだろう。

PIC_0078

iPhone 6より高いのは言うまでもなく……

PIC_0081

iPad mini 2‎よりも高い。食欲が増す、というよりは「マジでこれ1人で食べられるのかな……」という不安が頭をよぎった。

店員さんによれば、ハンバーガー1個が約700kcalなので、約2450kcalくらいなのではないかとのこと。

だとすればハンバーガーだけで成人男性1日分の摂取カロリーに相当する。

PIC_0084

ハンバーガー、上から見るか下から見るか

テーブルに座ってハンバーガーを見下ろすとこんな感じ。

PIC_0085

下から見るとこう。

PIC_0089

ハンバーガーがなんだか神々しい。

PIC_0091

見るだけでお腹いっぱい……になりそうだが、チーズを見て食欲を取り戻す。

PIC_0094

ハンバーガーを串から外し、さっそく食べてみることに。

PIC_0096

量が多いだけじゃない!

「ひょっとして量が多いだけじゃなないのか?」と思っていたが、全くその心配はナシ!

A4・A5の国産牛を使った手ごねのパティは肉のうま味がたっぷり詰まっており、チーズとの相性はバツグン!

蒸したパンを使ったというバンズは表面がサクサク、中はモチモチとした食感。

焼いたトマトもうま味が凝縮されていてコクがあり、一味違うハンバーガーに仕上がっていた。

ただし、肉汁が手に付きまくるので食べる際は注意が必要だ。

PIC_0097

2段目は目玉焼きが入っていてさらにコクがある味わい。1人で食べても飽きないように(!?)段によって味が違うというこだわりようだ。

PIC_0101

串からハンバーガーを外してどんどん食べ進む。

PIC_0104

チーズ、アボカド、ベーコンの連続攻撃でKO寸前!

1つ1つの味はおいしいが、食べ進むとさすがにお腹にたまってくる。

この段はチーズフォンデュに良く使われるグリュエルチーズが使われていてまた一味違う。

しかし、どんなに美味しくても体がハンバーガーに待ったをかける。チーズのジャブで徐々に胃がもたれ始めた。

PIC_0105

もう一段下には「森のバター」の異名を持つアボカド。

コクがあり、ねっちょりとした触感。終盤にこの展開はキツイ……

美味しいはずのハンバーガーなのに、なんだか罰を受けている気分になってきた。

PIC_0112

最後に待ち受けているのは厚く、長いベーコン……

PIC_0108

もはや美味しいとか美味しくないとかじゃなくて「食べきる」ということが目的になっている。

孤独なフードファイトのラスボスを倒すべく食べ進む!

PIC_0115

どうにかハンバーガーは完食!謎の達成感が!しかし、ここで力尽きてしまいバケツに入ったフライドポテトは食べきることができなかった。

PIC_0116

ポテトはバケツのまま持ち帰ることに。ハンバーガーとの勝負に負けたのか勝ったのかは私も分からない。

PIC_0117

お会計を済まし、ウルトラ6兄弟オリジナルめんこをもらいお店を後に。

このめんこは参加しているお店によって配られるものが違うらしい。

PIC_0118

お店の人に聞いてみたところ、発売初日にハンバーガーを注文したのは私を含め2人のみ。だいたい3.5人前なので数人でシェアして食べるのがおすすめだそうだ。

ウルトラタワーハンバーガーなどが販売されている「ウルトラメニュー大集合」キャンペーンは2月26日(金)まで。

ハンバーガーが好きなら、思い出作りに東京駅でウルトラタワーハンバーガーを食べるべし!

PIC_0078

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking