【水なしで実食】やばい、辛い、間違いない!激辛マニアが「ペヤング激辛カレーやきそば」に挑んでみた

Text by

  • 1
1

激辛の食べ物が好きだ!激辛の食べ物はうまいとかまずいとかそういう問題ではなくて、食べている最中の快感がすさまじい!脳が汗をかいているようなあの感覚…一説によると辛い物を食べてアガる感覚は、痛点の刺激によるアドレナリンの放出で、脳が軽い興奮状態に陥っているからだという。

もちろん激辛マニアとしてはコンビニ先行で発売されているペヤングの「激辛カレーやきそば」も見逃せない。蒙古タンメン中本ですら激辛と感じない筆者。

最近の「激辛」商品はあまっちょろい辛さのものが多いので、どの程度辛いのか実際に食べて、合法的にアガってみることにした。

ひっそりと店内におかれていた

ペヤングの新製品ということもあり、大々的にお店に置かれていると思いきや、訪れたコンビニではペヤング製品は最下段に置かれていた。

PIC_0902

パッケージは赤と黄色でヤバめな空気を醸し出している。「油断ならない辛さ!」との文字も。

PIC_0905

原材料にはカレーパウダーが確認できる。「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食は十分にご注意下さい」とのことだ。

PIC_0907

普通と変わらないと思いきや…

開封して中を見てみると、かやくは通常のペヤングソースやきそばと同じ。ソースには赤い油が混ざっており、これが辛さの秘密なのかもしれない。

PIC_0912

というわけで、さっそく作り始める。かやくとお湯を入れて3分置き、お湯を切る。

作り方は普通のペヤングと一緒で、お湯を切る際にはペヤング独特の油のにおいが立ち込めてきた。

PIC_0920

「ここまではいつものペヤングと同じじゃん」と思っていたが、ソースを開封してかけるとヤバめのニオイが…唐辛子の強烈な刺激臭で鼻が少し痛い。

PIC_0924

はしを使って混ぜる。見た目は普通のやきそばっぽいものの、唐辛子の刺激臭がすごい…カレーというよりも唐辛子やきそばといった印象だ。

PIC_0927

近づいて麺を見てみると、茶色い粒が確認できる。ヤバそうだが食べてみることにしよう。

PIC_0946

キャベツが甘く感じるほど辛い!

口に含んでみたところ、最初は強い辛みを感じなかったが、後から強烈な唐辛子の辛みが襲ってくる。

辛みに耐性がある人ならどうにかなりそうなレベルではあるものの、喉にもろに入るとむせそうになるほど。

カレーの風味もある程度感じられるが、ペヤングらしいソースの甘みと強い唐辛子の辛みがいいバランスで混じり合っている。

辛みが強い分、キャベツの甘みがいいアクセントになっており、箸休めに使いながら水を使わずに完食。

味が濃すぎるということもなく、舌が痛くなるような辛さは感じられなかったので、水なしでも間食することができた。ただ、食後に額や頭頂部にかなりの汗が…

PIC_0937

しかし、なぜこのタイミングでこの商品が発売されたのだろう?ペヤングの広報担当者に電話で問い合わせを行ってみたところ「去年度再販売した激辛やきそばが好評だったので、約3年ぶりに激辛カレーやきそばも復活させました。ほぼ当時と同じ味を再現していますが、原料調達などの問題もあり、スパイスに微調整が加わっています。社内の激辛好きの作ったやきそばをぜひ食べて頂きたいです」との回答を頂いた。

飛び上がるほど辛いわけではないが、激辛が好きなら、ぜひ一度試してほしい一品だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking