米軍が開発したサイボーグ『蚊』が精密過ぎて怖すぎると話題に!! あなたのそばにも既にいるかも!?

Text by

  • 73
YouTube

YouTube

アメリカで軍事用ミニチュア無人飛行機が公開された。これは実際に昆虫の飛行法を研究して取り入られたものだ。

今から5年ほど前から米軍が昆虫型の精密なスパイ飛行機を開発しているという噂はあったらしい。2007年、戦争に反対するデモ隊の上をハエらしき物体がさかんに飛び回っていた。そこから米国政府がスパイ兵器、ロボット昆虫を開発しているのではないかという推測が人々に広まった。

その翌年、米国空軍は、ミツバチほどの大きさで、建物の中に入り込み写真を撮影したりテロリストたちを攻撃することさえできる、昆虫サイズのロボットスパイを公開した。

科学者たちは長い時間をかけて進化し、飛行のために完璧な条件を備えた生物からヒントを得ようとしている。「ナノ」 レベルでの生物模倣研究は長い間米国でも軍事用に研究されてきた。

他生物、例えば昆虫の目、こうもりの耳、鳥の羽、そして化学兵器や核兵器などを察知することができるような、ミツバチの触覚のような毛細さえも研究の対象とし、実現に向けている。

このようなマイクロ飛行物体を研究するのは米国だけではない。フランスやオランダでも近年活発に研究が進められているそうだ。

今回の発表を受けて、日本国内のネットユーザーたちも、「怖すぎ!」、「すげええええ」といった驚きの声をあげている。

最初の発表からすでに5年がたったが、何事にも関して秘密主義の米国軍である。小さなロボット兵器は、誰にも怪しまれることなくわれわれの周りを飛び回っているのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking