【昼寝最強】「睡眠が脳を活性化させて記憶力を強化する!!」 米大学調査

Text by

  • 48
shutterstock

shutterstock

 何か新しいことを学ぼうとしてもなかなか身に付かないというのは、誰もが経験することだ。

そんなときは昼寝をしてみよう。米国ノースウェスタン大学の研究者は、睡眠が記憶力を活性、強化すると提案している。

同大学の教授、Paller 氏は被験者が経験のない楽器を新しく学習させる実験を行った。練習の後90分の睡眠をとってもらい、脳波の動きを見ながら被験者が覚えようとしていた曲をきかせた。 

覚醒後にまた同じ曲を弾いてもらうと、ミスが減った。これはすでに学習し記憶してあることを睡眠により活性化することが出来た結果だという。

記憶力に影響を与えるのは睡眠だけだろうか?他にも脳の活性化に役立つ方法を以下ご紹介しよう。

1.チェスやブリッジなどをする

2.教育を受ける(読書など)

3.楽器や言語などを学ぶ

4.家庭や職場で意欲的に挑戦する

5.旅行(海外旅行でなくてもよい。近所の散歩、なども可)

6.新しいことをマスターする(違う通勤経路を覚えた、など簡単なこと)

7.認識力テストにチャレンジ

8.他人との交流

9.マルチ・タスクをこなす

10.運動

日常的に出来そうなことが少なくとも2~3種類ありそうだ。これらをバランスよくこなすことが脳年齢を若く保ち、脳の活性化につながるのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking