【神業】「これって本物?」と見間違う超立体的な金魚を描く日本人アーティストが世界を舞台に大活躍

Text by

  • 2
深堀隆介オフィシャルサイト

深堀隆介オフィシャルサイト

誰でも一度は子供のころに金魚を飼った覚えがあるのではないだろうか。そんな金魚をテーマに世界で活躍するアーティストが、愛知県出身の深堀隆介氏だ。

氏が10年ほど前スランプに陥っていたとき、突然飼っていた金魚にひらめきを感じ、描き始めたのがきっかけだという。

透明樹脂を流しこんだ桶、缶、竹などいろいろな容器に、アクリル絵の具で金魚を一層ずつ重ねて描く。重ねることにより目の錯覚で3Dのように立体感を表現することが可能だという。

その驚くべき作品の一部を以下に紹介しよう。1点あたり30万円を超える金額で取引されるものもあるという。

深堀隆介オフィシャルサイト

深堀隆介オフィシャルサイト

深堀隆介オフィシャルサイト

深堀隆介オフィシャルサイト

深堀隆介オフィシャルサイト

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking