【スタバ】今夏の新商品は“焙煎していない”コーヒー豆を使用したフルーツ・ドリンク

Text by

  • 5
27

スターバックスから2010年に新発売された粉末状コーヒー、ヴィア(VIA)は期待されたようなヒット商品にはならなかったようだが、今夏は全く新しいアイディア商品「リフレッシャーズ」を市場に送りだす。

この「リフレッシャーズ」シリーズは、グリーンコーヒー、つまり、まだ焙煎する前のコーヒー豆から抽出したエキスを使用しているのが特徴。本物の果肉や果汁とミックスさせることで夏にぴったりのリフレッシュ感を味わうことができるという。

今月米国とカナダの店舗に登場したこのシリーズは以下3つの形で味わうことが可能だ。

■ハンドクラフト
ベリー・ベリー・ハイビスカス、クール・ライムの2種類。店舗で注文するとバリスタ(コーヒー職人)が作ってくれる。

■スパークリング
美炭酸。缶入りなのですぐに飲める。ストロベリー・レモネード、ザクロ・ラズベリー、オレンジ・メロンの3種類。ビタミンB,Cが多く含まれ1缶あたり60カロリー。

■ヴィア(VIA)
ベリー・ベリー・ハイビスカスとクール・ライムの2種類。スーパーマーケットで購入が可能。冷水と混ぜて作る。

米国スターバックスの社長、Cliff Burrows氏は記者会見で『われわれが重視するのはイノベーションです。コーヒー市場が進化するにつれ、常に革新的商品を世に送り出さなければならないのです。グリーン・コーヒーを使用したリフレッシャー・ドリンクは顧客を満足させるパーフェクトな商品です』と語っている。

日本では7月18日~9月2日までの期間限定で店舗にてベリー・ベリー・ハイビスカスおよびクール・ライムの販売が予定されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking