ディオールがコレクション会場を100万本の生花でデコレーション 花畑を超越した光景にただただウットリ(*´Д`*)

Text by

  • 1
My Modern Met

My Modern Met

夏はまだ本番前だがファッション界ではもう今年の秋・冬コレクションが発表される時期。

今月開催したクリスチャン・ディオールの会場では、4月にアーティスティック・ディレクターとして就任したばかりのラフ・シモンズ氏が早くもその才能を発揮した。

5つの部屋を、バラ、シャクヤク、蘭などの生花100万本で床から天井まで埋め尽くし、「ディオールらしさ」を表現。同氏は「花、植物、庭園など自然を愛したディオール氏に敬意を表しました。花そのものが私のコレクションを象徴しているのです」と語る。

シモンズ氏は女性のオートクチュール、プレタポルテ、アクセサリーのデザインを手がけ、これが最初のコレクション発表の場となる。メゾンの伝統をどのように受け継いでいくのか楽しみである。

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

My Modern Met

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking