オリンピックを金額換算すると3.7兆円に!グーグルを凌ぎ、アップルに次いで第2位

Text by

  • 14
1311

アマチュアスポーツ選手の祭典であるオリンピックゲームはご存知のとおりギリシャが発祥の地。

後にクーベルタン男爵により近代化され最初のゲームが開催されてから116年経った今、この巨大ビジネスと化したスポーツの祭典はギリシャ国立銀行の134倍の価値があるという。

金銭価値に換算すると475億ドル(約3.7兆円)。企業ブランドとしては、1位のアップル社に次いで2位の位置を占め、わずかの差で3位のグーグル社を上回る。

発祥の地であるギリシャの経済が危機に直面する一方、オリンピックが生み出す収入の成長は目覚しいものがある。

なかでも放送に関連する収入は1960年にはわずか120万ドル(約9400万円)だったのが前回の北京オリンピックでは39ドル(約3000億円)にも達したという。

ロンドンの次の開催地、リオデジャネイロまでにはさらに増加する見通しだ。

IOC (国際オリンピック委員会)は総収入の1割を受け取るがその大部分が、世界のスポーツの発展のために費やされるという。ブランドをコントロールすることに対し批判をされてもきたが、実際に巨大な利益を生み出し、ホスト国への経済効果もある。

しかしある関係者はいう。IOCが世界のスポーツの発展のため資金提供をしていることは事実だが、オリンピックの運営費は開催国によってまかなわれていることも忘れてはならない。さらに数字には現れないマイナス面もある。たとえば道の混雑による経済社会への影響や、犯罪の増加などだ。

それに、オリンピックでの放送関係の利益が最大といってもそれは米国に集中しており、アフリカは1%にしか満たない。スポンサーにより巨額の利益をあげる企業も米国中心だ。

同氏は、オリンピックとアップルやグーグルなどの企業とは、経営の環境や手法も全く違い、ビジネスの内容さえ違う。これらを金銭価値として比べること自体疑問だと主張する。

本来なら神々への奉納としての意味をもつはずのオリンピックだが、今や人々の関心事はカミよりカネ

どこからか神様たちのため息が聞こえてきそうである。

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking