英有名デパートで3D仕様の自分顔チョコレートがつくれる

Text by

  • 0
Yukiko Matsuoka

Yukiko Matsuoka

英ロンドンの百貨店「ハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)」に、2014年3月17日から4月29日までの期間限定で、3Dの顔型チョコレートを特注できるブースが開設されている。

デジカメ撮影画像から3D仕様の顔型を生成

このブースは、英ロンドンの3Dプリンター専門販売業者iMakrが設置したもの。

ブース内側の壁にはデジタルカメラ48台が装備されており、48カ所もの異なる角度から被写体のバストアップを5分程度で撮影する。

撮影した画像からコンピュータ上で3Dモデルが作成され、3Dプリンターでシリコン製の型を出力。

英人気ショコラティエ「ロココ・チョコレート(Rococo Chocolates)」のチョコレートをこの型に流し込み、冷やし固めて仕上げていく。

完成までには、撮影日から7〜10日を要するという。

自分顔チョコレートをユニークな贈り物に?

値段は、6個セットで99ポンド(約17,004円)、12個セットで169ポンド(約29,028円)。送料10ポンド(約1718円)で英国内外どこにでも配送してくれる。

担当者によると、「結婚式の引き菓子のほか、離れて暮らす家族へのユニークな贈り物としての需要を見込んでいる」とのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking