【親必読】“我が子がサイコパス予備軍”かを見極める10のチェックポイント 

Text by

  • 31
shutterstock

shutterstock

サイコパスとは何か?

それは反社会性人格障害を持つ人々の総称で、一言でいえば良心や善意を持たない、極めて特殊な性格の持ち主を表す。

近年、3歳ですでにサイコパスの兆候が現れるという研究結果が発表され、世の親たちを震撼させている。

ロンドンで年間100人以上の”疑わしい子供たち“に接しているある病院は、親たちのために「我が子がサイコパスかどうか」を見極めるための10のチェックポイントを公開しているという。

以下から1つずつ見ていこう。

1.他者へのしつこい攻撃を行い、盗みや破壊行動で他者の権利を奪うコトを日常的に行う。 

2.基本的な生活ルールを守らない。平気で家出をしたり、夜遅くまで外出している。

3.罪の意識を持たない。怒られても悪いことをしたという自覚を持つことができない。

4.他者の気持ちに無関心。どう思っているのに興味を持てない。

5.学校やクラブ活動で目標達成のための努力をしない。

6.感情を表わさず無表情である。

7.自分が悪いとは決して認めず、何事も他人のせいにする。

8.危険な真似を好む。

9.罰を与えると脅されても全く動じようとしない。

10.自らのやりたいことは他者を傷つけても達成しようとする。

どうだろうか?我が子がどれか一つでもあてはまったら要注意だ。

大人のサイコパスの矯正は難しいが、子供の頃に発見され、然るべき機関でトレーニングを受ければ、矯正の可能性はあるとされるので、不安な親は一度専門の機関に子供を連れていくとよいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking