【衝撃】8年以内に世界で9千万以上の人間が失業する!!!!! 米マッキンゼー発表

Text by

  • 61
shutterstock

shutterstock

つい昨日、米コンサルティング会社のマッキンゼーが発表したリポートが衝撃的だ。

8年後には、世界中で9千万人以上の人間が職にあぶれ、生涯にわたり暮らし向きに深刻な影響が出ると言うのだ。これは世界の総労働人口の2.6%に当たる。ここで言う労働者とは、単純作業などに従事するいわゆるブルーカラーを指している。

その一方で、高卒や同等の職業訓練を受けた中間層は4千5百万人、大卒レベルは4千万人近い人数が逆に足りなくなるだろうという、何とも極端な調査結果となった。

単純作業の従事者は、経営側の都合で急激に需要が増え、同時に両者の収入格差を拡大させてきた。このまま収入の二極化が拡大すれば、生活水準がなかなか上がらずに国の負担が増え、社会は緊張に満ちていくことが予想されるとした。

すでに世界は慢性的な失業率の高さを憂えている。現在世界では6%の人間が定職についていないということだ。

リポートは、国と経営者は本腰を入れてこの問題に取りかかるべきだと続く。発展途上国に於いては、高いスキルを持つ労働者を輩出するために大学生・院生を倍増してアンバランスな人材需要を解消し、更に必要とされる人材の海外への移住を促すべきだと。現在職についている人間の再トレーニングや、大学生には仕事に直結したトレーニングの機会を与えるなどの方策も紹介している。ただ、これら全てを実行したところでもまだ2千万人以上のブルーカラーが職に就けない可能性があるそうだ。

ともかくも必要な能力ある人材確保のために、今の2倍から3倍の勢いで教育の整備を進め、人材を海外へ送り出し、更に余る労働者の受け皿としてインフラや住宅建設のための予算を組む必要がある、と報告はまとめられている。

日本は今のところ受入れ側として捉えられているのだろうが、先が読みにくい昨今の状況だ。この懸念がどのように影響していくのかが気になるところだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking