スタバがビール&ワインの提供店舗を拡大へ!! アフターファイブの新しい楽しみ方を提案

Text by

  • 10
shutterstock

shutterstock

スターバックスの本拠地シアトルには、午後2時からビールとワインを提供する店舗があることをご存知だろうか?

この実験的な試みは大いに当たり、同店の午後4時以降の売り上げは2桁増という。仕事帰りの軽い一杯、アルコールにあうおつまみも用意され、クールダウンにちょうど良いのだろう。

今月からシカゴの店舗でも同じサービスが始まり、話題となっている。年末までに市内の7店舗がアルコールを提供するスタバとなる予定で、南カリフォルニアにも数店舗の展開を計画中とのことだ。

夜はバリスタも黒いタイを着け、大人の雰囲気でお客を迎えるというこの店舗。お酒が飲めない人、コーヒーでは物足りなく感じていた人が同時に楽しめるのは嬉しいサービス。

アフターファイブの新しい時間の過ごし方として、日本での展開も期待したいところだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking