スペース不要の新手の図書館!? スマホを街角のQRコードにかざすと電子書籍のダウンロードが可能に!

Text by

  • 2
pingeb.org

pingeb.org

オーストリアのクラゲンフルト市には図書館がない。代わりにQRコードと電子チップ付属のステッカーが町のあちこちに貼られていて、本を借りたい人はその前に行って手持ちのスマートフォンをかざす本のダウンロードを終えたら電子書籍の貸し出し完了となる。

これはProject Ingeborgというプロジェクトの一環で、合法的にテクノロジーをユーザーに紹介し、一方で著作権法整備を促すことを目的とした取り組みで、図書館のないこの町には渡りに船のサービスだった。

Project Ingeborg

現在市が所有するのは、著作権が切れた古い作品70タイトルほど。面白いのは、本の内容がステッカーの配置された場所にリンクしていること。

例えばアーサー・シュニッツラールの“The Killer”という作品は警察の前に、フーゴ・フォン・ホフマンスタールの”Everyman”は教会内、といった具合だ。

プロジェクトを推進するEngadgetでは、この運動を他の地区にも広げていきたいと話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking