犬は他のどんな動物よりも人の悲しい気持ちに敏感に寄りそってくれると明らかに 英大学調査

Text by

  • 16
Corbis

Corbis

犬派の人には、“何を今さら…”の事実だろう。犬がどんな生き物にも増して、人間の悲しい気持ちに寄りそう生き物であるということが、調査の結果明らかとなった。この“どんな生き物”には人間も含まれる。

調査は18匹の飼い犬が、人間の状態にどのように反応するのかを調べたもの。泣いている、鼻歌を歌う、他の人と会話中という状況を作り、飼い主への反応と同時に見知らぬ人間への反応も調査した。

大半の犬は、泣いている人間に近付いて従順な態度で触れ、心配した様子を示して慰めた。一方で鼻歌を歌っている人に近づいた犬は少ない。興味をそそられても、泣いている人間に対しての態度とは明らかに異なった。これは泣いている人間に、好奇心から近づいたものでないことを示唆する。また会話中の人間に近づく犬はいなかった。

「泣いている人間を見て犬がより激しく反応するのは、それが犬にとって感情的な意味を持つからでしょう」と調査を行ったデボラ・カスタンス博士は語る。

またこの調査で、犬は泣いている人間が飼い主でなくとも近づき、慰めようとしたと判明した。彼らは自分のニーズのために飼い主に近づくのではなく、見知らぬ人間であっても悲しい感情に寄りそって、慰めようとするのだと。

犬は長年人間と共に暮らし、仲間として暮らすように改良され、飼いならされてきた。その過程で人間の感情の合図に敏感に反応するようになった可能性が高い、とカスタンス博士はディスカバリーニュースの取材に対して答えている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking