フォルクスワーゲンの振動する新聞広告が不評→Twitterで逆切れ→大炎上を招いた件

Text by

  • 20
YouTube/Technically Personal .

YouTube/Technically Personal .

フォルクスワーゲン社が先ごろ、ポロとベントの販売促進のため、インドのザ・タイムズ・オブ・インディア紙に2ページぶち抜き広告を打った。読者がそのページをめくると光センサーが反応し、ブルブルと振動するという斬新なもの。キャッチコピーは“興奮のうずきを感じますか?”

この“振動する広告”はネット上でそこそこの議論となったが、読者はこの広告に必ずしも好意的な反応を示さなかった。中には突然震え出した新聞に、訳が判らず戸惑う読者もおり、またバイブレーターと関連付けて広告を冷笑するツイートも伸びた。

VW社はこれに対し、「これをバイブレーターと呼ぶのは、ばかな女性たちだ。彼女らは本物のドライビングがどんなものか知らないのだろう」と逆切れ。このつぶやきはすぐに削除されたが、Twitterは大炎上。いまだにVW社からの謝罪はないという。

以下、広告の実物をご覧いただきたい。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=HYTDKFoR0lM[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking