若い血には老化を遅らせる作用があるらしい 若返りの妙薬発明に繋がるか

Text by

  • 34
shutterstock

shutterstock

ある意味、ドラキュラ伯爵は正しかったのかもしれない。スタンフォード大の研究者がマウスを使った実験で、若いマウスの血液を老いたマウスに注入すると、学習と記憶能力が若いマウスに匹敵するまでに改善されたと、水曜日に行われた神経科学学会の年次総会で、研究結果を発表した。彼は注入後に、高齢マウスの脳の幹細胞数が20%増加したことを発見したという。

学会誌にはまだ発表されていないが、18ヵ月のマウスに、2ヵ月のマウスから取り出した血液の血漿を取り除いたものを、血液総量の約5%を1ヵ月間に8回注入する実験も行われている。その後に記憶テストを行った結果、老いたマウスは4から6ヵ月のマウスに匹敵する能力を現したという。

実験を主導したSaul Villeda氏は、「若い血が混入すると、年齢と共に失わていく血中化学成分が補われ、老化を逆転させるようだ」と語った。ただ血中には数多くの成分があり、何が影響しているかは解明されていないという。

この実験結果を人間の治療に応用するにはまだ多くの研究を必要とするが、世界の多くの研究者たちが注目していることは確かだ。アルツハイマー病など、加齢の影響による病変を食い止める可能性や、いずれは40代50代のうちに若返りや老化防止のため、治療を受けられるようになるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking