【知ってた?】パリでは最近まで女性のパンツスタイルが法律で禁止されていた!!!

Text by

  • 14
Flickr_beedee eye

Flickr_beedee eye

法律は生き物と言われ、時代に即して変化していくが、時に現実にそぐわない条例が化石のように残される。パリでは先週、213年前に制定された法律が廃止されたのだが、その日まで公式にはパリ市中で女性のパンツスタイルが禁止されていたことを知る人は多くないだろう。

フランス革命直後の1799年制定のこの法律は、まさに時代を背景にしたものだった。女性が男性の革命家と間違われないようにと、それは女性を守る目的であったらしい。後に数回の補正が行われ、1892年には乗馬、1909年には自転車に乗車する際には適用しないことが加えられたが、法律そのものは現在まで生き残った。

これまで廃止とされなかった理由に、法案の原本を保管する警察当局があまり積極的でなかったことが挙げられる。2010年に緑の党が廃止に向けて運動をしたところ、“廃止は司法史の一部を削除するようなもの”という心情論に加え、“もはや誰の関心もない古びた法律に、今さら時間の無駄じゃないか”という言い訳が返ってきたという。

2012年になりUMPの要求した法案改正に、ついに先週答えが出た。ナジャット・ヴァローベルカセム女性省大臣は、「法案は博物館に属する」と述べたのだ。

長く法案が放置されてきたことは、フランスで女性の権利へのアプローチが不十分である一面を示すとされる。2012年度の世界経済フォーラムが行った男女平等に関する調査では、フランスは47位と西ヨーロッパの中で最下位を占めた。一方、同調査で日本は101位にランクされたが、探せばこの手の法案がうじゃうじゃ出てくるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking