急増する特殊詐欺、最高10万円の情報料提供が4月から開始

被害総額559億円 警察庁は、平成26年における特殊詐欺の被害実態を公表した。 これによると、認知件数は1万3371件(前年比+11.4%)、被害総額は559億4354万円(同+14.3%)で件数は4年連続、被害総額は5年連続で増加し過去最悪となった。 過去を振り返ると、平成20年まで認知件数が約2万件、被害総額が約250億円で推移していたが、平成21年に7340件、約95億円に急減して以降、増加の傾向にある。 頑張ってはいるものの 平成26年の検挙件数は3221件(前年比-5.8%)、検挙人数は1990人(同+12.2%)だ。さらにだまされたふりをするなどして、現金授受などを阻止した件数は1万731件(同+64.0%)、阻止額は2 … 続きを読む 急増する特殊詐欺、最高10万円の情報料提供が4月から開始