シェア

「大人のバンコク極楽ガイド」「タイバンコク夜遊び地図」CCCが海老名市図書館に納入

海老名市中央図書館蔵書

山口良樹市議会議員ホームページ

山口良樹議員が公表

10月1日にリニューアルした神奈川県海老名市にある中央図書館で、タイやバンコクの風俗街を紹介する本が納入されていたことが分かった。

同市の市議会議員である山口良樹議員が、自らのホームページで「教育長が見直した選書に愕然 !  これが市立図書館に!」と発表している。

そこでは図書館に納入された「タイバンコク夜遊び地図 初心者でも安心 ! 男の海外旅行ガイド」「大人のバンコク極楽ガイド」の2冊を、写真入りで紹介している。

海老名市中央図書館蔵書

山口良樹市議会議員ホームページ

外側に「海老名市立図書館」のラベルやバーコードが貼られていることが分かる。内容は次の通りだ。

海老名市中央図書館蔵書

山口良樹市議会議員ホームページ

海老名市中央図書館蔵書

山口良樹市議会議員ホームページ

「ニャンニャンマッサージか……」と、こうした情報を欲しがる人もいるだろう。しかし公共の図書館に置く本ではないはずだ。

「上海夜遊び地図」も

この類いの本はこれだけではない。山口議員のホームページからは、「教育長が自ら再選書したリスト」を見ることができる。

山口議員がチェックしたのだろうか、「再選書リスト1(No.1~No.5699)」の45ページに紫色のマーカーの印があった。

海老名市中央図書館蔵書

山口良樹市議会議員ホームページ

印が付いているのは5冊だけだが、その他にも赤い丸印を付けた「上海夜遊び地図」(シーズ情報出版)、「夜のバンコクマップ&ガイド」(夜のバンコク制作委員会)などは怪しそうだ。

アマゾンの「上海夜遊び地図」紹介文は次の通り。

アジア旅行者から圧倒的支持を受ける『遊び地図シリーズ』に待望の上海版が登場! 好評のサウナ・夜総会の美女情報も上海の規模に比例し大幅スケールアップしてお届け。 見やすいホテルマップから女の子を口説き落とすための指差し会話表など、ガイドブックに必要な情報もバッチリ! 初めての上海旅行もこれ一冊で安心!

やはりこうした情報を欲しがる人もいるだろうが、公共の図書館の蔵書としてはふさわしくないように思う。

選書リストに目立つ飲食と旅行

時間のある人は、ザッとでも良いので、次の2つのリスト(1は100ページ、2は27ページ、各1ページ57冊)を見て欲しい。購入した図書の種類に偏りがあるのに気づくはずだ。時間の無い人のために簡単に紹介しよう。

「再選書リスト1(No.1~No.5699)」は、最初から6ページ後半までスポーツ(分類記号783)が続く。その後はファッションやデザイン(同589、593、753、757など)だ。

19ページからは建築で、分類記号では52○が多い。32ぺージからは趣味分野が39ページまで続く。その後、宗教、哲学、健康などが登場する。

そして42ぺージから旅行関連(分類記号29○)に突入する。いくらか文学(分類記号9○○)も混じるものの、旅行関連が続く。「るるぶ」の品ぞろえ(リストの52~56ページまで約200冊)は、JTBパブリッシングも大喜びだろう。

56ページからは飲食に関する本(分類記号58○、59○)ばかりになる。たまに他の分類記号もあるが、題名を見ると飲食に関する本であることが分かる。

63ページ辺りからは、飲食の中でも、お菓子やスイーツだ。その後、おかず作りやパン作りも挟まり、健康(分類記号49○)も混じるものの、飲食関連本でリスト1(100ページ)が終わる。

「再選書リスト2(No.5700~No.7161)」は、飲食関連本(分類記号58○、59○)が最初から14ページまで続く。

14ページからは再び旅行関連本(分類記号29○)が17ぺージまで続く。再び飲食関連本が約1ページ程あった後、実用書、絵本、文学などが、最終27ページまでの9ページ程(約500冊)ある。

つまり圧倒的に多いのは飲食関連本で、次に旅行関連本だ。なぜこのような偏りが生じたのだろうか。

山口議員の発表によると、7161冊のリストは、伊藤康文教育長がチェックし承認したとのこと。伊藤教育長は、よほどお腹が空いていたのか、旅に出たかったのだろうか。

愛知県小牧市では住民投票

ちなみに今日10月4日は、愛知県小牧市でツタヤ図書館の賛否をめぐっての住民投票がある。小牧市民は、どのような判断を下すのだろうか。

山口良樹海老名市市議会議員公式サイト「図書館問題(第2弾)……山口良樹後援会速報」

【参考記事】
どうなる第二のツタヤ図書館、愛知県小牧市で住民投票の実施が決定(9月14日)
神奈川県海老名市議会でツタヤ図書館の選書が問題に、8300冊中100冊が不適正(9月25日)

    Posted: |Updated:

    Text by

      前の記事を見る

      次の記事を見る

      注目の記事

      Ranking