シェア

【緊急調査】意外とニーズが高い!Twitterの「ミュート機能」を使いたいユーザーは54%

123RF

123RF

Twitterが新たな機能としてミュートを導入した。ミュートとは特定のユーザーのツイートをタイムラインで非表示にする機能だ。付き合いでフォローしているがツイートを見たくないような相手に利用できる。Twitterは数週間かけて、全ユーザーにこの機能の導入を進めている。

ミュート機能について、Twitter上では「必要ない」、「早く使いたい」など意見が分かれている。ミュート機能にはニーズがあるのか、IRORIOではTwitterを利用しているユーザーへミュート機能についてのアンケートを行った。(有効回答数は335件)

まず「ミュート機能について知っていますか?」という問いに、42%が「知っている」、58%が「知らない」と解答。ニュースになったばかりだが、既に多くのユーザーへ知られているようだ。フォロワーのつぶやきから知った人も多いのかもしれない。

 「ミュート機能を使用したいと思いますか?」という問いには、54%が「使う」、46%が「使わない」と回答。一部のヘビーユーザー向けでは?との声も上がっているミュート機能だが、意外とニーズが高いことがわかった。また、このアンケートでミュート機能を知ったユーザーが「使う」と回答するなど、ミュート機能について興味が高いことがわかる。

 「フォローしているアカウントの中に、付き合いでフォローしている相手はいますか?」という問いには45%が「いる」、55%が「いない」と回答。Twitterにも気遣いが発生し、気軽に利用できていないことが伺える。

また、「フォローを解除する際に、気まずい思いをしますか?」という問いには44%が「気まずい思いをする」、56%が「気にならない」と回答。気にならない人が過半数だが、フォロー解除する際に迷いがあるユーザーも多いようだ。賛否両論あるミュート機能だが、付き合いでフォローし、その後フォロー解除できないアカウントが多いユーザーに支持されているのかもしれない。

また、ミュートを使う、使わないとは別に「自分がミュートされているのでは」とミュートされることを心配するユーザーも出てきている。SNSを利用する際の気疲れから、また新たな機能が生まれるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking