シェア

母の日直前!7割の母親がプレゼントを欲しがっている

123RF

123RF

セレスは5月1日、母の日に関する調査結果を発表した。20歳から59歳までの母である女性832人の回答結果をまとめた。

子どもからプレゼントをもらいたいかとの質問に対し、71.2%の母親が「欲しい」と回答。子どもからのプレゼントに期待している母親が大勢を占めた。中でももっとも欲しがっている世代は20代の母親だった。

子どもから、どんなプレゼントをもらいたいか。1位は「メッセージカード」で60.1%だった。2位には「お花」(48.6%)が入った。

母の日というと、カーネーションのイメージが定着しているが、実際のプレゼントはメッセージカードを希望する母親が多かった。普段なかなか言ってもらえない感謝の言葉こそが、母親にとっては一番うれしいプレゼントなのかもしれない。

この「メッセージカード」を世代別にみると、30代が一番多く回答。一方で一番少なかったのは50代で、両者の差は46.6%も開いていた。

若い世代は、子どもにとってお金の負担の少ない「メッセージカード」を選んでいるのかもしれない。これに対し50代の母親は子どもも大きく社会人であることも考えられる。そのため、「アクセサリー」や「バック・小物」などの回答が多くなったのではと考えられる。

子どもから、どんな言葉をかけてもらいたいか。1位はやはり「ありがとう」で48.7%を占めた。2位は「大好き」(37.4%)、3位は「いつも元気でいてね」(6.5%)だった。

では母の日に夫からもプレゼントをもらいたいか。「欲しい」と答えた母親は32.4%に留まった。夫よりも子どもからの感謝を期待しているようだ。ではどんなプレゼントをもらいたいのかを聞くと、1位は「お花」で36.4%だった。50代の約3割は「現金」と答えていた。

Posted: |Updated:

Text by 蒼井

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング