シェア

【グルメ必見!!】一生に1度は行ってみたい!ストリートフードがめちゃウマな国ランキング発表

paul prescott / Shutterstock.com

paul prescott / Shutterstock.com

旅行の楽しみといえば、観光はもちろんだけど、食も大切。そこで米経済誌フォーブスが、屋台や露店などのストリートフードがおいしい国ランキングを発表した。

10位 アンバーグリス(ベリーズ)

Belise Tourism Board

厳密に言うと“ストリートフード”ではないが、スキューバダイビングやシュノーケリングの後に埠頭で食べるフエダイやかますなどシーフードのフリッターやセビーチェは絶品。

9位 ブリュッセル(ベルギー)

Visit Belgium

一番人気はなんといってもマヨネーズやらピリカラなケチャップやらのさまざまなソースで楽しむフライドポテト。デザートにはかの有名なベルギーワッフルもオススメだ。

8位 メキシコシティ(メキシコ)

Andrew Bender

おなじみのタコスやブリトーだけでなく、アントヒトにエローテ、セビーチェなどなど、考えるだけで唾液が沸いてくるものがたくさんあるメキシコシティ。マンゴーのチリソースがけ、チュロスなどスイーツも充実。

7位 イスタンブール(トルコ)

Turkish Tourist Office NYC

ラムやチキン、ビーフなどいろんなお肉が楽しめるケバブはもちろん、ゴマがまぶされたパン、シュミットやトルコ風ピザのラフマジュン、ご飯をムール貝に詰めたミディエドルマスなど1度は食してみたいものばかり。

6位 ホーチミン(ベトナム)

Javier Rodrigues

フォーやバインミー、生春巻きが有名なベトナム。味は間違いないが、衛生面が日本人にとっては若干心配なため、屋台で食べるときはなるべく回転率の早いお店を選んだ方がいいとか。

5位 パレルモ(イタリア)

Orietta Vansato

ゆっくり食事を楽しむイメージが強いイタリアだが、パレルモではバラエティ豊かなストリートフードが楽しめるそう。ピザはもちろんのこと、ライスコロッケのアランチーニやイタリア風コロッケなどがオススメ。

4位 マラケシュ(モロッコ)

Andrew Bender

マラケシュのメディナという街は、さまざまなオリーブやスパイスが売られる最もカラフルな場所として知られているが、メインスクエアには屋台が100軒以上も並んでおり、ストリートフードを楽しむのに最適。近くには木製のテーブルが設置されているので、ローストラムやケバブなどをゆっくり味わうことができる。

3位 ペナン(マレーシア)

Tourism Malaysia

ペナンの中でも、ジョージタウン地区にあるリトル・インディアやチャイナタウンのストリートフードの評価が特に高い。炒めたライスヌードルや酸っぱ辛いスープ、インドのナンに似たフラットブレッド、ロティなど絶品ばかり。

2位 シンガポール

Andrew Bender

中国、マレー、プラナカン、インドなどさまざまな文化が混ざり合ったシンガポールならではのストリートフードが盛りだくさん。海南チキンライスやココナッツジャムを塗ったカヤトースト、ココナッツ入りカレースープのヌードル、ラクサなどが人気。

そして栄えある第1位は・・・

1位 バンコク(タイ)

Tourism Authority of Thailand

カオサン通りとワット・チャナソンクラーム寺院、スクンビット通り周辺の屋台がオススメ。グリーン・パパイヤ・サラダやグリーンカレー、パッタイ、マンゴーともち米にココナッツソースをかけたカオニャオマムアンを食べずして、ストリートフードは語れない!?

Posted: |Updated:

Text by 吉住沙羅

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング