シェア

3歳の娘がトイレでとった行動に母親絶句…度重なる銃撃事件が子どもたちに与える影響に胸が痛む

Stacey Wehrman Feeley/Facebook

Stacey Wehrman Feeley/Facebook

3歳の女の子が自宅のトイレでとったある行動をとらえた写真が、フェイスブック上で拡散され波紋が広がっている。

便座の上に立つ3歳の娘

この写真を撮影したのはミシガン州在住のStacey Wehrman Feeleyさん。

ある日、自宅のトイレで3歳の娘が便座の上に立っているのを見つけ、彼女の「わんぱくな」姿を夫にも見せてあげようと思い写真を撮ったそう。

ところが、娘が実際何をしていたかを知って驚愕したというStaceyさん。

一見、幼い子どもの無邪気な“遊び”にも見えるこの行為。何をやっているのかわかるだろうか。

侵入者対策訓練の練習をしていた

実はこれ、「ロックダウン・ドリル」と呼ばれる侵入者対策訓練のひとつで、トイレにいるときに銃をもった不審者が侵入した際の避難の仕方を実践したものなのだ。

便座の上に立っているのは、ドアの下から“侵入者”が覗き込んだときに人がいるかどうかわからなくするため。

アメリカの学校では、日本の避難訓練のようにしばしこういった“訓練”がおこなわれるそう。

女の子は、幼稚園で習った「ロックダウン・ドリル」を家で練習していたというわけだ。

「何かしなければ」母親の悲痛な叫び

この姿を見た母親のStaceyさんは、こんなに小さな子どもが銃に怯えながら生活しなくてはいけない現実に胸を痛め、フェイスブックでこう訴えている。

「銃規制で100%犯罪がなくなるなんて誰も思っていない。だけど、もし、1%、2%、50%でも抑止できるとしたら?やってみないとわからないじゃない」

「なぜ、ユニバーサル・バックグラウンド・チェック(銃を売買するすべての人物の身元確認を要求すること)ができないの?銃所持者の登録データベースはどこ?」

「起業家のみなさん、発明家のみなさん、私にできることはありませんか?技術的なアドバイスはできないし、ヘルスケアの専門知識もない。金銭面での支援もできないけど、正しい方向へ導くことはできるかもしれない」

「すべての答えを知っているわけじゃないし、正直ほんの少しもわかっていないかもしれない。でも、自分の子どもをトイレの上に立たせたくなければ、何かしなければならない」

この書き込みは、16日に公開されて以降シェア数は2万2000を超え、海外のメディアでも取り上げられるなど大きな反響を呼んでいる。

Posted: |Updated:

Text by 吉住沙羅

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング