シェア

明和電機が秋葉原に初の公式ショップ!ナンセンス商品が勢ぞろい、第2期出展者を募集中

出典元:明和電機プレスリリース

出典元:明和電機プレスリリース

芸術ユニット・明和電機が秋葉原駅徒歩1分のラジオデパートの2階に、初の公式ショップ「明和電機秋葉原店」をオープンし、3月30日から営業しています。

クリエイター向けのレンタルスペース「ラジオスーパー」と、アートギャラリーである「ラジオギャラリー」を併設しての開店です。

main

新しいラジカルなオブジェの発信地

「アートからマスプロダクトへ」をテーマに、ここでしか手に入らないナンセンスマシーンなどのアート作品から、オタマトーンのような人気商品まで、明和電機のすべての商品を取り揃えてあります。

英語では「急進的」も、「根源的」も、おなじ「ラジカル(RADICAL)」という単語で表現することから、ラジオという言葉を「ラジカル(急進的かつ根源的)なオブジェ」と再解釈して、「新しいRADIO」を発信する場所にしたいという思いが、お隣りの2店舗の名前に込められています。

明和電機の土佐正道氏

明和電機の土佐正道氏

クリエイターのレンタルスペース「ラジオスーパー」

ラジオスーパーは一定料金で棚を借りるレンタルスペースで、電気や機械のしくみをつかったクリエイターたちのユニークな商品が並んでいます。

第1期の出店者はタカラトミーアーツをはじめ、明和電機会長である土佐正道氏ほか、30名近いクリエイターの作品です。現在、第2期の出展者を募集しています(4月14日まで)。

sub2

電子工作ユニット「ギャル電」出典元:明和電機プレスリリース

sub7

ビッグクラッピー 出典元:明和電機プレスリリース

関連記事“元気に拍手するだけのロボット”が話題!開発者「パチパチ音は愉快でめでたい」

<第1期ラジオスーパー出店者>

伊藤尚未/伊豆見香苗/宇田道信(UDAR)/オカモトラボ/ギャル電/キューブ/キンミライガッキ/現代美術二等兵/スイッチサイエンス/タカハ機工/タカラトミーアーツ/デイリーポータルZ/土佐正道(明和電機会長)/人間/バイバイワールド/Hana道場/バード電子/パンタグラフ/藤原麻里菜/マタタビ屋/メテオエレクトロニクス/Gottfried Haider/Line-us/necobit/Qux/takewari(おばけパズル)/TASKO/ThousanDIY

アート作品の展示「ラジオギャラリー」

またその隣のお店「ラジオギャラリー」では「パチモク&コイビート展」が開催中です。

1993年の明和電機の出発点の年に開発された、指パッチンで木魚を鳴らす楽器「パチモク」と、昔なつかしのナショナルのスイッチのシーケンサー「コイビート」の楽器の歴史としくみに迫ります。

sub6

所在地は、秋葉原駅から徒歩1分の東京ラジオデパート2階(〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11)。3店舗とも開店時間は10:00~19:00。定休日は火曜日です。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by aya_saya

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング