シェア

京都・南座のリニューアル記念「京都ミライマツリ2019」が開催!テクノロジーを駆使した新感覚のお祭り体験

出典元:松竹株式会社プレスリリース

出典元:松竹株式会社プレスリリース

日本最古の歴史を持つ京都の劇場「南座」がこのほど、大規模改修工事を経て新開場します。

これを記念し、松竹、ASOBISYSTEM、ネイキッドなどが参加した新感覚エンタテインメント「京都ミライマツリ2019」が4月30日から開幕します。

音マツリ、昼マツリ、夜マツリの構成

京都ミライマツリ2019は、4月30日から5月5日の「音マツリ」、5月12日~5月25日の「昼マツリ」5月12日~5月24日の「夜マツリ」の3部構成です。

音マツリは、平成から新元号へと移り行くゴールデンウイークに、日替わりで南座初出演のアーティストたちが登場し、歴史ある舞台でライブフェスをします。

昼マツリ、夜マツリでは、格式高くて、 厳かな雰囲気を感じてしまう南座を広く開放します。

江戸時代から芝居見物や物売りとともに始まった四条河原の「納涼床」に着想を得て、場内が大変身。椅子を取り払ってフルフラット化した客席に、南歌舞伎の演出で使用する「本水」の装置をグレードアップした巨大な滝が出現します。

出典元:松竹株式会社プレスリリース

出典元:松竹株式会社プレスリリース

テクノロジーを駆使した未来の縁日で遊ぶ

昼マツリでは、南座内の大滝にプロジェクションマッピングが投影され、和をテーマにした「滝ジェクションマッピング」、天井近くの破風には、人気演目『楼門五山桐』南禅寺山門の場をモチーフにした、片岡愛之助扮する石川五右衛門の歌舞伎がAR(拡張現実)で上映されます。

テクノロジーを駆使した「ハイパー縁日」が催され、自分の顔が縁日の綿あめになったり、金魚につつかれたりするフォトブース。自分の手を拳銃に見立て照準を定めたら、「バン!」と叫んで賞品を狙い撃ちする新感覚射的ポイントゲーム。色とりどりの和柄模様が変わっていく不思議なヨーヨーなどの屋台が並びます。

夜マツリは、和の空間が夜の雰囲気に一転し、滝の前にDJブースが出現して、伝統と格式を感じる普段の南座ではありえない非日常のクラブ空間になります。

Ⅰ「音マツリ –OTOMATSURI–」
【期間】 4月30日~5月5日
【出演者】出演アーティスト等の詳細はこちら

Ⅱ「昼マツリ –HIRUMATSURI–」
【期間】5月12日~5月25日
【営業時間】11:00~17:30
【入場料金】大人2,000円、子ども1,000円(ワンドリンク付)

Ⅲ「夜マツリ –YORUMATSURI–」
【期間】5月12日~5月24日
【営業時間】月~木18:30~22:00、金土日18:30~23:00
【入場料金】月~木2,000円、金土日3,000円(ワンドリンク付)

Posted: |Updated:

Text by aya_saya

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング