シェア

プラ製より細かい泡ができる「森のタンブラー」をアサヒビールとパナソニックが共同開発

出典元:アサヒビール株式会社プレスリリース

出典元:アサヒビール株式会社プレスリリース

アサヒビールは7月9日、パナソニックと共同で高濃度セルロースファイバー成形材料を活用した環境配慮したビール用カップ「森のタンブラー」を開発したと発表しました。

自然の風合いがある6色から選べる

「高濃度セルロースファイバー成形材料」とは、パナソニックが新開発したナノ~マイクロに微細化されたパルプ成分を、55%以上含有する新開発樹脂です。

間伐材などの木材から精製したパルプを主原料としており、自然の木の風合いが残ったままになっています。

カップ成形時の温度によって色目が変化するため、6色から希望の色を選ぶことができます。廃棄する時はもちろん紙製品(可燃物)です。

出典元:アサヒビール株式会社プレスリリース

出典元:アサヒビール株式会社プレスリリース

環境にやさしいだけでなく、カップの内側にセルロース繊維の独特の凹凸があり、独自の口あたりが楽しめるそうです。

同社の検証では、プラスチックカップにビールを注いだ場合、泡の直径は530ミクロンですが、森のタンブラーに注いだ場合は120ミクロン。プラスチックカップよりもよりきめ細かい泡で、おいしいビールを味わえるといいます。

持ち帰りたくなるデザインでゴミ削減

独自の金型・樹脂成形技術で強い強度と耐熱性もあるため、使い捨てではなくリユースできるタンブラーです。

ここ数年、環境負荷低減に関する意識の高まりから、リユース可能な容器をイベント会場で配布し、記念品として持ち帰る需要が生まれています。

森のタンブラーは、カップの外側面にさまざまなデザインを施すことも可能です。

現時点で森のタンブラーを使用するイベントは、以下の通り。

・2019年8月9日、16日に千葉・小湊鉄道が運行するSATOYAMAトロッコ「涼風ビール列車」

・2019年8月18日に大阪・パナソニックスタジアムで行うJリーグ・ガンバ大阪対ジュビロ磐田戦の開催前イベント

・2019年10月4日~6日、茨城・つくばセンター広場で開催される「つくばクラフトビアフェスト2019」

これらのイベントでは森のタンブラーを記念に持ち帰って使ってもらうことで、ごみの削減効果を狙うとのことです。

Posted: |Updated:

Text by aya_saya

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング