シェア

トップは日大!社長出身大学ランキング2019が発表、若社長は慶大が多し│帝国データバンク調べ

イメージ画像/AdobeStock

イメージ画像/AdobeStock

帝国データバンクが企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)に掲載している企業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長の出身大学を集計し、2019年6月時点の結果を公開しました。

私大が上位独占、日大、慶大、早大

出典元:帝国データバンクプレスリリース

出典元:帝国データバンクプレスリリース

上位30校をみると、日本大学(2万741人)、慶応義塾大学(1万669人)、早稲田大学(1万84人)、明治大学(8,697人)、中央大学(7,528人)と続き、前年までと1位から5位までの順位に変動はありませんでした。

18位までは私大が並び、国公立大でいちばん高かったのは19位の東京大学(2,627人)でした。

上場企業に多い慶大

上場企業に絞ると、1位に慶応義塾大学(264人)、2位早稲田大学(187人)、3位東京大学(175人)、4位京都大学(80人)、5位日本大学(77人)という結果に。

年商規模では、年商50億円以上、100億円以上、500億円以上の全てのレンジで慶應義塾大学がトップとなり、50億円以下は日本大学になりました。

業務歴でみると、100年以上続く会社は「慶応義塾大学」が1位であるのに対し、10年未満、10~30年、30~50年、50~100年未満は、すべての項目で「日本大学」でした。

出典元:帝国データバンクプレスリリース

出典元:帝国データバンクプレスリリース

年代で比べると、40代未満では慶応義塾大学が1位に。40代、50代、60代、70代、80代以上はすべて日本大学となりました。

日本大学は一般的な文理系の学部に加え、医歯薬系や芸術系など幅広い学部を有し、国内でもっとも多くの学生が学んでいます。各々の企業に適した、多様な人材の輩出につながっているのかもしれません。

Posted: |Updated:

Text by aya_saya

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング