シェア

幸せ=お金!? 日本人の65%が「もっと財産があれば幸せなのに」と考えている件!!アメリカ人はわずか16%

flickr_Ikusuki

flickr_Ikusuki

幸せってなんだっけ?ふとした時に思わず考えてしまうこの疑問だが、「カンター・ジャパン」が行った調査によると、日本と欧米諸国では「財産の所有と幸福感」について、かなり違う価値観を持っていることが判明した。

調査は、日本・中国・ロシア・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スペインの9ヵ国の16歳以上の男女を対象に実施。その結果、「より多くの財産があれば、もっと幸せなのに・・・」と考えている人は、日本人では65%だったのに対し、アメリカではわずか16%だったことがわかった。その他の国では、ドイツ、イタリア、フランスが約4割、スペインが約3割、イギリスが約2割で、各国ともにかなり低い割合。一方、半数を超えたのは中国とロシアで、ともに70%だった。

kantar.jp

内閣府が行った2011年の「国民生活選好度調査」では、日本人が幸福感を判断する際に重視する事項として約6割の人が「家計の状況(所得・消費)」と回答しており、日本人にとっては、金銭的・物質的な豊かさが幸福感と結び付きやすいようだ。

Posted: |Updated:

Text by かなる

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング