シェア

【閲覧注意】絶食5年!!「ダイオウグソクムシ」のiPhoneケースが登場

flickr_masayukig

flickr_masayukig

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で深海生物「ダイオウグソクムシ」が「5年も餌を食べていない」と話題になったのが今年のはじめ。そんな「ダイオウグソクムシ」のiPhoneケースが登場した。

「風の谷のナウシカ」に登場した「王蟲」にも似た「ダイオウグソクムシ」は世界最大の等脚類。等脚類とはつまり、ダンゴムシの仲間だ。東京・池袋のサンシャイン水族館のホームページによると、「ダイオウグソクムシ」はメキシコ湾や、西大西洋周辺の深海200~1000メートルほどの海底砂泥地に生息しているそうで、体長は20~40センチと巨大。体重は1キロ以上にもなると言う。

当iPhoneケースは、鳥羽水族館の餌を食べない「ダイオウグソクムシ」を揶揄し、逆に「iPhoneを丸飲み」するようなデザインとなっている。本物の「ダイオウグソクムシ」からはかなりデフォルメされたツヤっとした風貌で、iPhoneを覆う厚いシリコンは、意外と掴みやすく手の平にフィット。触った感触は「少しゾワっと」するらしい。大胆な背中の丸みをは、もしかするとiPhoneを外の衝撃からプロテクトしてくれるかも。

ストラップヤHP

 

ストラップヤHP

価格は税込2,940円で、12月下旬に入荷予定。

それにしても、本物の「ダイオウグソクムシ」は……。怖い。夢に出そうです。

flickr_yamataka

flickr_Kentaro Ohno

Posted: |Updated:

Text by かなる

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング