シェア

クーラーで体調不良にならないための“夏冷え”対策

Shutterstock

Shutterstock

激しい夏日がつづき、「暑い」という声があちらこちらから聞こえてくる。ただし、どんなに暑くても、意外に身体が”冷えている”人は多いのだ。

夏に「冷える」原因は?

麻布ミューズクリニックの名誉院長で血めぐり研究会主任研究員の渡邉賀子氏によれば、「冷え」の原因は、冷たい飲み物や食べ物の過剰摂取や冷房の多用なのだそう。

暑いからと言ってこのように身体を冷やすと、内臓の機能が低下して「内蔵冷え」が起こり、血の巡りが悪くなって、秋になると「肩こり」や「疲労」、「だるさ」を訴える人が増えるのだとか。

また、激しいゲリラ豪雨や雹などの異常気象で激しく気圧が変化しても、身体がついていけずに自律神経が乱れることがよくあるという。

カンタンにできる夏冷え対策

そこで、いつでもカンタンにできる夏冷え対策をご紹介しよう。

①湯船につかる

夏の冷えは末梢血管が収縮した状態なので、シャワーだけですませず、38~39度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かろう。そうすることで、収縮した血管を開き、血行を良くすることができる。炭酸ガス入りの入浴剤なら、ぬるめのお湯でも血めぐりがよくなり、ほてらずにさっぱりと入浴できる。

②食事にあたたかいものを1品とる

夏だからといって冷たいものばかり食べるのは禁物。食事の中で1品あたたかいものを食べよう。みそ汁やスープ、しょうがを使った料理なども身体を温めてくれる。

③運動する

ウォーキングなど、軽めな運動をしよう。脚の筋肉が燃焼する事で体内の熱量が自然にアップし、むくみを解消してくれる。

④寝る前のリラックス

夏の冷えにより乱れた自律神経は、戦闘モードの入った交換神経が優位な状態がほとんど。就寝前にはリラックスして、副交感神経を優位にして自律神経を整えよう。“蒸気が出るアイマスク”などを使って目元を温めると緊張が和らぎリラックスできる。

⑤「首」「お腹」「足首」は冷やさない

東洋医学では「首」、「お腹」、「足首」は冷やしてはいけないツボと言われている。首にスカーフを巻いたり、長い靴下を履いたりして、この3カ所を温めておこう。「足首」近くにある三陰交というツボを押したりお灸をすると冷えに効果がある。

Posted: |Updated:

Text by かなる

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング