シェア

バクテリアを99%除去!ストロー型の浄水器が発展途上国の子供たちを救う

LifeStraw

LifeStraw

LifeStraw」という製品をご存知だろうか。これは以前の記事でも紹介したのだが、ストローのように吸い込むだけで、汚れた川や池からでも安全に水分を補給できるというもの。

99.9999%までバクテリアなどを除去

「LifeStraw」の長さは22.5cm、直径2.5cmで筒状をしており、内部に特殊なフィルターを内蔵。ファイバー繊維が不純物を取り除き、清潔な水だけを通す仕組みとなっている。

Lifestraw

Lifestraw

驚くのはその浄化力だ。汚れた水に含まれる寄生虫、大腸菌やコレラ菌、赤痢菌、サルモネラ菌、緑膿菌などのバクテリアを99.9999%も取り除けるという。

またフィルターは人が年間に飲む量の1000Lまで使用でき、化学物質も使っていないためハイキングや旅行、キャンプはもちろん緊急災害時にも安全に利用できるそうだ。

Lifestraw

Lifestraw

発売された当初は種類も少なかったのだが、今では丈夫なスチール製のものや、ウォーターバッグにぶら下げて大量の水を浄化する「Mission」、直径8cmのボトル状になった「LifeStraw Go」、家族でキャンプする時に便利な大型の「Family」も揃えている。

Lifestraw

Lifestraw

発展途上国の子供たちに清潔な水を提供

またこの製品は、もともと発展途上国で汚れた水による死者を減らすために企画された。

実際に世界では毎年150万人、5人に1人が汚水の影響で下痢などを起こし死亡しており、その数はエイズやマラリア、はしかなどによる死者よりも多いと言われている。

そのためこの会社では製品を売るごとに、親会社のVestergaardと契約販売会社が基金の一部を寄付。安全な水が飲めない発展途上国の学校などに、このフィルターを使った浄水器を無償で設置するというプログラムを2014年から導入しているそうだ。

その結果、現在までにケニアなどの4カ国、631の学校に浄水器を設置。合計で36万1000人の子供たちに、清潔な飲み水を提供することができたという。

LifeStraw

LifeStraw

便利であると同時に、困っている地域の人々を助けることができる「LifeStraw」。このような取り組みがさらに拡大することを願う。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking