シェア

ロサンゼルスで発生中の山火事、猛烈な火の勢いを捉えた映像が衝撃的

YouTube/Mo Sab

YouTube/Mo Sab

現在、アメリカのロサンゼルス郊外で起きている山火事。その凄まじい映像が公開され、注目を集めている。

山全体を覆う猛烈な火の勢い

この映像は、7月24日の午後7時から9時に撮影されたもの。そこには山全体を覆い尽くすような猛烈な火の勢いが、早送りで捉えられている。

暗くなるほど火災の凄まじさが伝わってくる。

こちらは7月23日に撮影された映像。大量の煙が恐ろしい。

瞬く間に約81平方キロまで燃え広がる

この山火事はロサンゼルス郡のサンタクラリタという場所で、22日の午後に野火として発生。

しかし23日の夜には、2万エーカー(約81平方キロ)の土地に燃え広がったとされている。

近くにあるサンド峡谷という名前にちなんで「サンドファイアー」とも呼ばれており、火の勢いの激しさから土曜日にはすでに300人の住民が退去。

また避難命令や勧告などが1500軒の家屋に出され、多くの住民や動物などがすでにシェルターに避難しているという。

風や高い気温、低い湿度で消火が難航

現在300人(1500人という報道も)の消防士が消火にあたっており、消防ヘリコプターも海水を汲み上げ現場に投下するなど活動が続けられている。

しかしごつごつした地形と風速4mから9mの風の影響で、消火活動は難航。

土曜日には気温も37℃まで上昇し、湿度がほぼ0に近いことも消火を困難にさせているそうだ。

そのため火の勢いは衰えておらず、いまだに消火の見通しは立っていない。

確かにこの映像を見ると、山火事の凄まじさが伝わってくる。

1日も早く鎮火され、被害が最小限に食い止められることを願う。

Posted: |Updated:

Text by 大航海

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング