シェア

「え、みかん…?」会議での失笑から始まった『ポテトチップス みかん味』の開発秘話

アイキャッチ2

湖池屋が2014年12月22日に『ポテトチップス みかん味』を発売すると発表し、ネット上が一時騒然となりました。

みかんとポテトチップスという意外すぎる組み合わせに「早く食べてみたい」、「美味しいのかな」など、SNSでは大きな反響がありました。

なぜ「みかん味」だったのか、どんな味がするのかなど、湖池屋のマーケティング部・吉田幸太さんに開発秘話をお伺いしました。

今までにない新しいお菓子への挑戦

-商品が生まれたキッカケについて教えて下さい。

コンビニエンスを中心に、商品の入れ替わりが激しい中で、何か今までにない新しいものをつくらないと、なかなか消費者にも流通にも響かないという課題がありました。

そこで「冬に向けた商品をつくる」というコンセプトで、いろんな部署から人間が集まって打ち合わせを行いました。

その中で「冬といえばこたつにみかんが定番だね」、「そういえばみかんのポテトチップスってまだつくったことがないよね」というやりとりから今回のアイデアが生まれました。

飲料やチョコレートなど、他の分野だとみかんのフレーバーってわりとあるんですが、スナックではではなかなかないので、これはぜひ1回挑戦してみようかという流れになりました。

予想以上に大変だったみかん味のバランス

-開発で大変だったことはなんですか?

今までにないものなので、味のバランスに一番苦労しました。

じゃがいもの味とみかんの味は相性が難しいので、じゃがいもの味を隠しすぎず、あまり主張しないというような…。

みかんの味だけにしちゃうとみかんになってしまいますし、かといってポテトチップスの味だけにしちゃうとおもしろくないので(笑)。

スナックとして成立させながら、「こういうことか」と思ってもらえる味に仕上げる事が難しかったです。

また、フレーバーについても、オレンジを連想させるような味はいっぱいあるんですが、オレンジではなく国産みかんの味を連想してもらわないといけないので、みかんらしい味にするという点も非常に難しかったです。

ちょっとバランスが崩れると「これはみかんっぽいというよりオレンジかな」となってしまうなど、開発の中で苦労があり、味の改良には3~4ヶ月の期間が必要でした。

みかんの本場、四国でテスト販売

みかん味のポテトチップスが消費者に受け入れられるか不安があったので、夏頃に一部のエリア店舗でテスト的に販売をさせていただきました。

みかんの本場である四国を中心に、みかん味のポテトチップスが受け入れられるのかテストしたところ、売れ行きも反応も非常によく、「よし!これは全国で勝負にでよう」という判断になり今回の発売に至りました。

試作のクオリティが商品化の決め手に

実は打ち合わせの中で「いいアイデアだね!これは絶対売れるよ」という形で進んだのではなく、「みかん…?」「ああ、みかんねぇ…」など最初は若干の失笑から始まりました(笑)。

面白いと思った開発の担当が、これはもしかしたらモノになるかもしれないなと、試作をつくり実際にみんなで試食してみたところ「ん?おいしい…じゃない?」、「なんだこの不思議な味は?」、「これいけるんじゃないかな?」という反応があり、テスト販売に踏み切りました。

開発の担当は、普段から「こういう味もつくれるのか」「こういう味って世の中にないものだけどポテトチップスにできるのか」など、いくつも実験を行って、開発の種を残していたんですね。みかんもその中に一つに入っていたようです。

反響は嬉しい誤算

-大きな反響がありましたが予想されていたんですか?

正直に言って、まったくの予想外でした(笑)。

新しくてユニークなフレーバーというところで言えば、一生懸命ひとつひとつ力を入れてやっているので、みかんに関しても、ちょっと変わってはいるけれど、そのうちのひとつという認識でした。

正直ここまでお客様に楽しんでいただけたのは嬉しい誤算でした。すごい反響をいただいてありがたいです。

当社は「食べて美味しいことに加えて、驚きであったり楽しさというものをお菓子を通じて感じて貰えるものを、商品化していかなければいけない」ということをモットーにいろいろな商品をつくっていますが、もともとない味をつくったというところで喜んで貰えたのかなと思っています。

冬に楽しんでいただきたいというこだわりを強く持ってつくっているので、当社のポテトチップスのデザインをベースにして、背景にみかんを敷き詰めたものにしたり、その中のひとつの皮がむけていたり、また、じゃがいもが配置されているところに、みかんが配置されているなど、細部にわたってこだわっていたんですが、こんなに楽しんでいただけるとは思っていなかったです。

-これまでにも意外な味の商品を出したことはありますか?

ポテトチップスの50周年記念の際に、お客様からオーダーいただいた味をつくりますという企画で「フレッシュいちご味」や「ベイクドチーズケーキ味」をつくったことがあります。

実際にそれに近い味のポテトチップスをつくることができましたので、やろうとしたらなんでもできるのかもしれません。後はポテトチップスとしておいしいか、というところですね。

開発が考えているストックには「らっきょ味」があったり、他にもいろいろストックがあると思います。今まで眠っていたフレーバーがどんどん息を吹き返す可能性もあるかもしれません(笑)。

『ポテトチップス みかん味』では、リアルなみかんの味をしっかりと感じられて、でもポテトチップスだな、という今までに味わったことのない「不思議な味のハーモニー」を楽しんでいただきたいです。

Posted: |Updated:

Text by IRORIO編集部

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング