シェア

51年の歴史に幕…秋葉原「とんかつ冨貴」が閉店、惜しむ客が2時間の行列つくる

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

東京・秋葉原で51年間営業してきた老舗とんかつ店「とんかつ冨貴(ふき)」が9月28日に閉店となります。

「とんかつ冨喜」はアニメ「ラブライブ!」にも登場し、ファンにとっては聖地ともされてきました。

過去には金銭トラブルなどから一時閉店、ツイッターアカウントも9月16日に閉鎖するという騒動もありましたが、営業はそのまま継続されるものだと思われてきました。

9月28日の閉店を知った人たちが11時半の開店直後から連日行列を作るように。

Twitter/@akiba_asterisk

Twitter/@akiba_asterisk

「ロースカツ定食」(1,000円)や「クリームコロッケ定食」(870円)をもう一度食べておきたいという思いを抱えた人たちで溢れています。

店には2時間待ちの行列が

閉店前日の9月27日15時現在、お昼時を過ぎているにも関わらず、行列はなかなか減らないようです。

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@michsuzu

Twitter/@akiba_holic

Twitter/@akiba_holic

アイドルからも閉店を惜しむ声

秋葉原で働く人や遊びに来た人たちから長年愛されてきたお店だけに、ネット上でも閉店を惜しむ声が絶えません。「でんぱ組.inc」の成瀬瑛美さんも閉店を惜しむツイートを投稿しています。

秋葉原は2001年頃からの再開発が進んだ結果、飲食店も増加、外国人観光客も耐えない賑やかな街となりましたが、昔ながらの店がなくなってしまうのは寂しい限りです。

いよいよフィナーレとなりますが、最終日も相当長い行列が予想されます。1時間や2時間の行列に耐える覚悟が必要となりそうです。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking