シェア

海辺でオレンジの旗を見たら逃げて!津波防災のプロジェクトチームがPR活動

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

2016年11月22日早朝に福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生しました。その後、気象庁が津波警報を発令し、多くの住民が避難しました。東日本大震災が発生した日のことを思い出す人も多かったことでしょう。

例えば、同じ規模の地震が真夏の昼間に起きてしまったら、海水浴やサーフィンを楽しむ人たちはどうやって危険を知ることができるでしょうか。

「もしも海辺でオレンジフラッグを見たら、地震と津波が発生した合図」だそうです。

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

このツイートは#beORANGE @海の防災(@hashbeorange)というプロジェクトチームが呼びかけています。

海にいる人が避難するための目印

東日本大震災をきっかけに動き出したこのプロジェクトでは、海で目立つオレンジ色のフラッグを津波避難ビルやタワーに掲げ、海にいる人や観光客に警告を知らせ、避難行動できるようにしようというもの。

Twitter/@hashbeorange

Twitter/@hashbeorange

2016年に静岡・愛知・高知の三県でオレンジフラッグを設置し、行政やメディアなどと連携して、日本全国にオレンジフラッグを広める活動を継続していくそうです。

中は一般社団法人・防災ガールと日本財団との共同プロジェクトとして活動しています。

一昨日もオレンジフラッグを活用した避難訓練が行われていました。

「防災ガール」は「防災をもっとオシャレにわかりやすくして防災があたり前の世の中をつくる」ことを目標に活動している団体。以前irorioでも代表の田中美咲さんから、避難生活で注意したいことをお伺いしたこともありました。

オレンジフラッグが日本すべての海に広まるよう、2017年以降も普及活動を継続していくそうです。また、現在オレンジフラッグが設置されている海岸を、Webサイトで確認することができます。

https://twitter.com/hashbeorange

https://twitter.com/hashbeorange

オレンジフラッグは誰が振っている?

このオレンジフラッグが必要になった時、誰が振っているのでしょうか。#beORANGE@海の防災の方にお尋ねしてみました。

オレンジフラッグは、地域にもよりますが津波避難ビルのほか、ライフセーバーや日本サーフィン連盟の各支部で保管されています。

実際にフラッグを振る人はライフセーバーや海の管理者、自主防災組織や自治体、地元のNPOの方など、様々な方が担当します。

とのこと。オレンジフラッグの趣旨に賛同した人たちの協力で行われています。

また、フラッグを振る人にも危険が及ぶ可能性がありますが、危険な場合は津波避難タワーやビルに掲げる対応をするとのことです。

東日本大震災の教訓を活かし、地震や津波から身を守るためにも、海やその近くに遊びに行く時は「オレンジフラッグ」のことを思い出しておきたいですね。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking