シェア

iPhoneが銘菓・うなぎパイに変身!?春華堂がiPhone7専用ケースを発売

http://ec.shunkado.co.jp

http://ec.shunkado.co.jp

浜松や名古屋で買える代表的なお菓子のひとつと言えば、春華堂の「うなぎパイ」。うなぎパイの包装紙の柄を使ったiPhoneケースが春華堂オンラインショップで販売されています。

http://ec.shunkado.co.jp

http://ec.shunkado.co.jp

2017年1月31日にオンラインショップと、静岡県浜松市の「うなぎパイファクトリー」で発売以来、驚きのビジュアルのケースの噂がツイッターなどで広まっています。

オンラインショップでは春華堂のお菓子のリストの中にさりげなく「うなぎパイiPhoneケース」がラインナップされています。

http://ec.shunkado.co.jp

http://ec.shunkado.co.jp

開発・販売まで2年の歳月をかけた

「うなぎパイiPhoneケース」について、春華堂・広報の鈴木さんにお話を伺いました。

――いつ頃から企画や開発が始まったのでしょうか?

「こういうものがあったら面白いね」という話から企画が始まったのですが、話が持ちあがったのが、iPhone6が発売される頃(2014年9月)でした。

ケースを制作してくれる業者探しから始まり、様々な微調整を行いながら、iPhone7発売のタイミングを目指して販売することとなりました。

マネークリップやストラップホールが付いているという利便性の高さもさることながら、春華堂さんがこだわったのは、ケースを開けると現れるうなぎパイフィギュア。

http://ec.shunkado.co.jp

http://ec.shunkado.co.jp

うなぎパイの入ったパッケージは、両側にぼかしが入っていますが、そののぼかしもきちんと再現されています。

さらに、このような形で一般の方に販売する予定がなく、販促品とする考えで作っていたものが「売って欲しい」という声が多くなったため販売に踏み切ったそうです。

ただ、気になる点も1つだけあり、鈴木さんによると

ケースとしてはちょっと重い(58g)のが難点ですが……。

とのこと。

iPhone7の重さは138gなので、これに58g増えたとしても、うなぎパイのファンなら“買い”でしょう!
価格は3000円(税込)。完全数量限定生産なので、欲しいと思ったら悩まずに購入したほうがよさそうです。なお、常温で配送されます。

http://ec.shunkado.co.jp

http://ec.shunkado.co.jp

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking