シェア

常に最適な場所で働ける!可動式の「コンテナ型オフィス」が快適そう

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

本社をあえて地方に移したり、自宅やその他の場所でのリモートワークを実現したりと、これまでのオフィスや働く場所の概念が変わり始めています。

日本でもその波はすでに訪れていますが、なんと大胆にもオフィスごと移動してしまえという発想の持ち主が現れました。

モバイルオフィスを作ったのは、世界中のデザイナーと仕事を頼みたいクライアントとのマッチングサイトを運営する企業・Coroflot.comです。

同社は創業20周年を記念し、ポートランドのデザインスタジオとコラボレーション。トレーラーにオフィスを作る“Mobile Work Unit”(モバイルワークユニット)を発表しました。

その移動オフィスのコンセプトと制作現場の動画を公開しています。

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

内部は木の床と柱、ポリカーボネートの壁が特徴的なオフィスで、明るく開放的な空間。

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

デスクやベンチ、壁掛けのディスプレイは作り付けとなっています。ポリカーボネート製の壁と組み込みの家具をどう固定するべきかを模索しながら制作したそうです。

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

プロジェクトは、森で材料となる木を選んで切り倒すところから始まっています。この丸太は樹齢約70年だったそうです。

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

共同創設者のひとり、Eric Ludlum氏はモバイルワークユニットを作った理由をこう述べています。

「Coroflot.comはバーチャルコミュニティですが、クライアントと仕事を探す人たちとの間はリアルなつながりです。私たちはCoroflot.comがリアルな世界の要素を取り入れていくことが重要だと感じました」

同社はモバイルワークユニットのメイキング動画も公開しています。

このトレーラーは現在、ポートランドのダウンタウンにある店のガレージ内に設置されています。

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

http://www.coroflot.com

次の機会にはオフィスだけでなく、小売店やショールーム、家を造る構想もあり、設計を考えることに“エキサイト”しているそうです。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking