シェア

迷子のウサギを助けたのはカメだった!仲良く寄り添う2匹の姿が微笑ましい

Facebook/The Ritz-Carlton, Dove Mountain

Facebook/The Ritz-Carlton, Dove Mountain

アメリカ・アリゾナ州の5つ星ホテル、リッツカールトン ダブマウンテンで、奇跡的なめぐりあいが起こりました。

ホテルの施設内で飼われているペットの様子を確認していたところ、アフリカのヒョウモンガメがいる小屋の中に、小さな野生のウサギが発見されました。

カメの名前はワンバ。ワンバの住まいの中は温かいので、ウサギが入り込んだのだと思われます。ウサギはカメの足元に抱きつくようにしていたそうです。

Facebook/The Ritz-Carlton, Dove Mountain

Facebook/The Ritz-Carlton, Dove Mountain

ウサギを発見したレンジャーのロン・ブリンクさんは、ウサギの首に雑草がきつく巻き付いていることに気付き、草を取り除いてあげました。

ブリンクさんがウサギを抱き上げた時、カメのワンバは不満そうな鳴き声を上げたそうです。

海外メディアの取材に対しブリンクさんは、以下のように答えています。

カメのワンバがウサギを怖がっていたら、ウサギは助からなかったでしょう。

ワンバは、ブリンクさんの友人が飼えなくなってしまったためにブリンクさんが引き取ったカメでした。そうした経緯から、ブリンクさんはこうも話します。

親切にされることを知っているワンバは、ウサギが助けを必要としていたから助けたのでしょう。信じられないことですが。

ウサギは野生で生活できる体力が戻るまで、しばらくの間はこの場所でお世話になるそうです。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking