シェア

“世界一濃いコーヒー”を謳うカフェインが入りまくったコーヒーが販売中

https://blackinsomnia.coffee

https://blackinsomnia.coffee

昨年、南アフリカで発売された世界で最もカフェインが多いコーヒーを知っていますか?

“The World’s Strongest Coffee”(世界で最も濃いコーヒー)と銘打って発売されたのは、その名も「ブラックインソムニアコーヒー」(不眠症のブラックコーヒー)。

https://blackinsomnia.coffee

https://blackinsomnia.coffee

真っ黒なパッケージのコーヒーの特徴は、カフェインの含有量がとにかく多いというもの。

「世界一カフェインが強いコーヒーを作る」というコンセプトのもと、世界的バリスタのGerald Charles氏の強力を得て作られたそうです。

カフェイン量がとにかく多い

公式サイトでは「ブラックインソムニアコーヒー」のコンセプトについて

「私たちがコーヒーの濃
さをどのように測るかは、単純にカフェインの量で決まります。カフェインは危険なほど高いレベルです」

と記載されています。

このコーヒーのカフェイン量は、どれほど多いのでしょうか。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、コーヒー浸出液100mlのうち、カフェインの含有量は60mgとあります。

ブラックインソムニアコーヒーは12オンス(約354ml)中に、カフェインが702mg(=0.702g)なので、相当のカフェイン量だと言えます。

さらに、他のコーヒー等と比較してみましょう。

カフェインの量が多いコーヒ―として“Death Wish Coffee”という商品がありますが、こちらのカフェインは354ml中660mg(=0.660g)。ブラックインソムニアコーヒーのほうが42mgも上回っています。

海外のカフェイン飲料情報サイト「caffeineinformer.com」でも「Dangerous」の文字が……。

https://www.caffeineinformer.com/

https://www.caffeineinformer.com/

スターバックスの「パイクプレイスロースト」のトールサイズ(12オンス)の場合、カフェイン含有量は12オンス(約354ml)中、235mg(=0.235g)。

エナジードリンクの「レッドブル」は1缶250ml中、カフェインは80mg(=0.08g)含まれています。

これらと較べてもかなりの量が含まれていることがわかります。

飲んでも本当に大丈夫なのか

これだけのカフェイン量、コーヒー好きでもさすがに躊躇するのではないでしょうか。

ツイッター上では実際に飲んだ人の声も見受けられ、お気に入りのコーヒーになったようです。

Twitter/JacquiCooks

Twitter/JacquiCooks

EUの欧州食品安全機関(EFSA)では、1日のカフェイン摂取量は健康な成人で1日400mgが望ましいと提言しています。

しかしこのコーヒーは、スターバックスのトールサイズと同じ量を飲んでしまうと、摂取量をはるかに上回ってしまいます。

そのため、公式サイトでも一応の注意を促しています。

このコーヒー1杯分は1日あたりのカフェイン許容摂取量の2倍にあたるので「このコーヒーは安全なのか」と思われることでしょう。
(中略)
カフェインに対し高い耐性を持っていないのなら、飲むべきではありません。

こうしたことから、刺激を得られなくても泣かないで欲しい。

私たちのコーヒー豆はナッツとカラメルの香りがする、すばらしく滑らかな味わいでしょう。しかしあなたが飲めなかったとしても、飲める人がいるならば嬉しく思います。

コーヒーショップでは今のところ、南アフリカのケープタウンにあるいくつかのコーヒーショップでのみ飲むことができます。

オンラインショップでは世界のどこへでも配送可能とのこと。豆タイプの場合価格は250gあたり、日本円でおよそ1200円から。1kg購入で4500円~5000円程度です。

https://blackinsomnia.coffee

https://blackinsomnia.coffee

ただ、買ったとしても、一口だけ試すというくらいがちょうどいいかもしれませんね。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking