シェア

野生のクマと写真を撮りたい…願望を叶えた女性のこだわりの1枚

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

クマやキツネ、オオカミなどといった毛むくじゃらの動物をモフモフしたいという願望を持っている人は少なくないと思います。

ロシアの写真家、Olga Barantsevaさんもその一人で、おとぎ話に出てくるような動物との触れ合いに憧れており、本物のクマで実現させてしまいました。

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

これらの写真には合成、加工はされていません。

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

実はこのクマは人間に馴染んでいる非常にまれなクマで、名前はステファン。推定20歳のクマで、体長は7フィート(約2メートル)・1400ポンド(約635キログラム)と立派な体格の持ち主です。

ステファンはサーカスのトレーナーに育てられたため人慣れしており、成長すると、とてもじゃないが野生に戻すことは難しい状態でした。

こうした生い立ちから、現在はさまざまな映画やグラビアなどに登場している、言わばタレントクマなのです。

自然に寄り添う姿を撮影

Barantsevaさんは撮影の様子をフェイスブックに投稿しています。動画を見ると確かに本物のクマと撮影していることがわかります。


自然光だけで、動物と寄り添うように撮ることを信条としており「大切なのはアイデア。フォトショップではありません」と語っています。

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

Facebook/Olga Barantseva

実際に本物の動物と触れ合っているのが、少しうらやましいですね。

こんな写真が撮れるのは、人馴れしたクマのステファンだからこそ。通常、クマは人を襲う可能性もある野生動物です。特にクマと一緒に自撮りしようなんてことはくれぐれもしないようご注意ください。

撮影した写真は、有料の写真素材サイト、500PXで販売されています。また、最新の写真はインスタグラムにも投稿されているので、このうらやましくも不思議な世界をチェックしてみてください。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング