シェア

壁一面がすべて花に!香りも楽しめる“花のカーテン”がすてき

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

夏の暑さ対策として、壁一面に緑のカーテンを作ると日差しが和らぎ、省エネにもつながることはよく知られていますが、もしカーテンがすべて花だったら……と思ったことはありませんか。

イタリアの建築事務所、Piuarchがミランのデザインウィークスの期間に、自身の事務所の建物に花をぶら下げた花のカーテンを作り、人々の目を楽しませました。

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

Piuarchはジバンシーのフラッグシップショップやドルチェ&ガッバーナのショップや社屋、東京・銀座にあるビルの建築デザインも手掛けている世界的に活動する建築事務所です。

花のカーテン、通称「フラワープリント」を作るために使用された植物はバラ、オリエンタルユリ、カーネーション、タイム、セージ、ラベンダー、ローズマリー、ミントなど2000種類にも及びます。

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

花には植物系の香りがする人工香料を利用して、花の香りも楽しめるようになっています。

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

長期間外に吊るされているということで植物の寿命が気になりますが、長持ちするための工夫として、一部の花にはジャガイモが挿されています。

こうすることで花に栄養分が行き渡って長持ちするそうで、昔からの方法なのだそうです。

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

そのおかげか、最終日が近くなっても、多くの花が姿を維持したまま飾られていました。

Facebook/Piuarch

Facebook/Piuarch

とはいえ、やはり花なので長い間完璧に維持するのは難しそうですが、こんな花のカーテンがある通りを見つけたら、ゆっくり歩きたくなりますね。

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング