シェア

見ているだけで涼しい…樹脂で作ったリアルな金魚アート

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

木目の器の中でゆるりと泳ぐ金魚たち……とても涼しげな風景に見えますが、実はレジン(合成樹脂)に着色して作った金魚です。

中国のアーティスト、リリアン・リー(Lillian Lee)さんは師範大学で美術教育を学び、学校で美術教師に。のちに出会った2人のアーティスト、Riusuke Fukahori(深堀隆介)氏と Keng Lye氏の影響を受けてレジンアートの道に進みました。

金魚や鯉、亀といった水の中の生き物たちがお椀や貝の中で泳ぐ姿を生み出します。

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

金魚アートができるまで

作品はお椀などの中に樹脂が注いで乾燥させ、アクリル塗料を使って着色しています。

さらに乾燥させて着色するプロセスを繰り返し、徐々に魚たちに生命を吹き込んでいくかのように作っていくそうです。

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

昇り龍やエビも制作

金魚や鯉だけでなく、豪華な昇り龍やエビも制作しています。

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

Facebook/resinpaintings3D

誕生日や結婚のお祝いなど、記念日のプレゼントとして販売も行っています。価格は28ポンドから約600ポンド(日本円で約4000円から8万円前後)です。

リーさんは自身のWebサイトTwitterで作品を紹介するほか、ハンドメイド通販サイトで作品を販売しています。作品が気になった方は、ぜひのぞいてみてください。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking